So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ずらり揃って、萬福寺。 [京都うろうろ]

いよいよ本堂、大雄宝殿。ご本尊と十八羅漢がずらり。

DP2M1496.jpg

実は大王殿、伽藍堂、斎堂と回って南から入ったので、正面の写真を撮るの
忘れてしまいました。
それというのも、ここの仏像を撮るのに熱中してしまったから・・・(^_^ゞ

なかなかこれだけの仏像を写真に撮ることって無いですものね。
ただし、他のお参りの方の迷惑にならないようストロボは控えました。
もちろん三脚もね。禁止はされていませんがエチケットとして。暗いけどね。
結果、ピンボケ連発、特にDP2Mは手振れ補正機能ありませんから。

_D7S7365.jpg

大雄宝殿(だいおうほうでん)万福寺の中央に位置する最も大きな建築物です。
日本で唯一最大のチーク材を使った歴史的建造物として、大変重要かつ貴重な
ものだそうで、建築様式はまさに中国そのものの様式。

正面中央にはご本尊、その左右の壁に十八羅漢像がずらりと安置されています。

DP2M1503w.jpg


須弥壇(しゅみだん)の上の額「真空」は明治天皇の御宸筆です。

_D7S7343.jpg

御本尊は三尊形式で中央は釈迦如来。釈迦如来の場合、一般には
脇侍(きょうじ)は、右に「文殊菩薩、左には「普賢菩薩」ですが、
此処では釈迦十大弟子の筆頭「迦葉(かしょう)尊者」が右に、左には
「阿難(あなん)尊者」が祀られています。

DP2M1498.jpg


DP2M1516.jpg


さて、十八体の阿羅漢(あらかん)さまを・・・普通は十六羅漢ですよね。
五百羅漢なんてのもありますが。
そもそも阿羅漢(羅漢)とは、尊敬や施しを受けるに相応しい聖者のこと。
阿羅漢でない者が阿羅漢を名乗ることを故意・過失を問わず「大妄語」とし、
最も重い罪を科して僧団追放の対象としたそうです。

仏法を護持することを誓った16人の弟子を十六羅漢としますが、此処では
賓頭廬(びんづる)尊者と慶友(けいゆう)尊者が加わっての十八羅漢。
この十八羅漢像は、中国の仏師 范 道生(はん どうせい)によるもの。
ちなみに御本尊の三尊である詳細は不明。桃山時代の様式があり、
日本人仏師によるものとみられているとか。


DP2M1514.jpg


DP2M1524.jpg

上手く言葉にはできませんが、それぞれの羅漢さんが個性豊かに活き活きと
作られており、迫力のようなものを感じずにはいられませんでした。

DP2M1489.jpg
第十五尊者 阿氏多(アジタ)


DP2M1514t.jpg
第六尊者 跋陀羅(バダラ)
虎に首輪でも?虎がガラスケースに入っているのは謎。(^_^ゞ

DP2M1508.jpg
第五尊者 諾矩羅(ナクラ) 読書家なのかな?

DP2M1519.jpg

DP2M1526.jpg
第十八尊者 賓頭盧(ビンヅル)
お馴染ですね、よく寺院のお堂の前に置かれており、患部を撫でると除病の
功徳があると信じられ、なで仏として知られています。
ここでもお参りの方が撫でていかれるのでしょうね、この像の膝など
塗りが剥がれて、ぴかぴかに光っていました。


DP2M1492.jpg
第十七尊者 慶友(ケイユウ)


窓のカタチにも特徴がありますね。
DP2M1493.jpg


DP2M1507.jpg


おっと、肝心な方も・・・隠元隆琦(いんげん りゅうき)禅師です。

DP2M1510.jpg
〈隠元禅師像〉
まだ新しいものですね、萬福寺開創三百五十年記念で置かれたものですから
数年しか経っていません。獅子に乗られているのかな・・・?


DP2M1505.jpg
第十一尊者 羅怙羅(ラゴラ) ※写真右
自ら胸を開き、その中から釈迦の顔が!印象的というかショッキングなお姿。
羅怙羅尊者は、釈迦が出家前に生まれた実子でもあります。「人は必ずその
心の中に仏を宿す」と云うことを表しているらしいのですが・・・


折角ですから、十八羅漢像の一覧を♪(並んでいた順ではありません)

_D7S7352wi.jpg
第一尊者 賓度羅跋羅堕闍(ビンドラバラダシャ)
第ニ尊者 迦諾迦伐蹉(カナカバサ)
第三尊者 迦諾迦跋釐堕闍(カナカバリダシャ)

_D7S7351w2.jpg
第四尊者 蘇頻陀(スビンダ)
第五尊者 諾矩羅(ナゴラ)
第六尊者 跋陀羅(バダラ)

_D7S7349w3.jpg
第七尊者 迦理迦(カリカ)
第八尊者 伐闍羅弗多羅(バジャラプタラ)
第九尊者 戌博迦(ジュバカ)

_D7S7361w4.jpg
第十尊者  半托迦(パンタカ)
第十一尊者 羅怙羅(ラゴラ)
第十ニ尊者 那伽犀那(ナガセンナ)

_D7S7346w5.jpg
第十三尊者 因揚陀(インカダ)
第十四尊者 伐那婆斯(バナバス)
第十五尊者 阿氏多(アジタ)

_D7S7344w6.jpg
第十六尊者 注茶半迦(チュウダハンタカ)
第十七尊者 慶 友(ケイユウ)
第十八尊者 賓頭盧(ビンヅル)

※漢字は違う場合も。読みは出来るだけ此処の木札に忠実にしましたが、
他にも読み方はいろいろあるようです。


_D7S7337.jpg
〈大雄宝殿〉


そうそう、本堂へ来る前にガランドウも覗いてきましたよ。

DP2M1472w.jpg

伽藍(がらん)=寺院の主要建物群の意味。伽藍堂は、寺院(伽藍)を守る
伽藍神を祀っているお堂です。日本のお寺でいう鎮守社みたいなものかな?
がらんどうかなと思ったら、えらい賑やか・・・まるで中華街。(^_^ゞ
「がらんどう」って、中に何も入っていない、がらんとした空間を意味する
のに、語源とはちと違うものですね。

_DSC7891.jpg
〈伽藍堂〉
華光菩薩(けこうぼさつ)像が安置されています。あまり馴染の無い菩薩様
ですね。かなり珍しいそうです。ちょっと三蔵法師のようにも・・・
眉間には第三の目が付いています。3×3EYES<サザンアイズ>のパイちゃん
みたいに♪ちなみに私、3×3EYES 40巻全巻読みました。(^_^ゞ
「華光」は明の小説『南遊記』の主人公なんだそうです。
西遊記じゃ無かった。中国には東西南北「四遊記」としてあるようです。
手前に置かれている像は妖怪?孫悟空のようなお伴の者かな・・・


禅宗といえば達磨大師ですね、ここにも変りみくじがありました♪

DP2M1485w.jpg

達磨みくじにしようかと思ったのですが、布袋みくじが可愛かったもので

DP2M1480.jpg


DP2M1486.jpg

そろそろこの辺で、お後がもう1回ありますが・・・(^_^ゞ


DP2M1499.jpg
2015.1/25、黄檗山萬福寺にて。
nice!(61)  コメント(16) 
共通テーマ:地域

nice! 61

コメント 16

orange

本当に力強い作風ですね。
ぜひ真近に見てみたいです。
がらんどう。なるほど伽藍堂。
床に置かれた丸座のシルエットが印象的です。
by orange (2015-02-12 08:30) 

シルフ

いやあなかなか見ごたえあるお寺ですね。ますます行きたくなりました。
by シルフ (2015-02-12 08:44) 

駅員3

仏像を撮るのは、奥深いですね。
僕も撮ってみたくなりました!
by 駅員3 (2015-02-12 10:40) 

馬爺

素晴らしい仏像揃い踏みですね、こんな寺院へ行ってゆっくりと拝んでみたいですね、こちらの函南という所にも仏像の里がありまして十六羅漢が安置かれているんですが撮影は禁止なんですね。
by 馬爺 (2015-02-12 18:45) 

sig

こんばんは。
これはまた、力作揃いの羅漢様の上を行く力の入った記事ですね。18尊者の表情とポーズは、よくその人柄(仏柄?)を表していますね。厳粛な感じが伝わってきました。私のような不信心者は、見せて頂いただけで罰が当たりそうです。
by sig (2015-02-12 20:08) 

ヒロシ

これだけの仏像を撮れる寺院に感謝ですね(^_-)-☆
仏陀の教えが世界を救うのを願っています
by ヒロシ (2015-02-12 20:34) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

暗いところで羅漢さん見たら怖いよね。。(^_^)


by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2015-02-12 21:58) 

すー

おはようございます

ここは独特な雰囲気のあるところですよね。私も好きなところです。
それに自由に撮影がOKというところもいいですね(^_^)ニコニコ
by すー (2015-02-13 04:43) 

tasuchan

このお寺 行ってみたいお寺の一つで
未だ行ってないんだけど。
面白いお寺。
by tasuchan (2015-02-14 10:07) 

路渡カッパ

★orangeさん、ありがとうございます。
語源、何かの間違いかと思いましたよ。
賑やかな伽藍堂だったもので・・・(笑)
丸形の・・・座布団?ここは単純な幾何学型が印象的でした。

★シルフさん、ありがとうございます。
写真撮影OKが嬉しいです。
ただし僧侶は無断で撮らないようにということらしいですが・・・

★駅員3さん、ありがとうございます。
難しいものですね、仏像写真。
駅員3さんの腕前なら素晴らしい写真が見られそうです♪

★馬爺さん、ありがとうございます。
撮影できるところは少ないでしょうね。
十六羅漢像、お寺によって表現がいろいろなので興味深いです。
ここは中国人仏師の作なので、日本人離れした顔立ちでした。

★sigさん、こんにちは。
全て写真が揃えられたので、保存版にと頑張りました。(^_^ゞ
十八羅漢さん、持ち物が違ったりそれぞれにストーリーがあるのでしょうね。
私も不信心なので叱られそうですね。(>_<)

★ヒロシさん、ありがとうございます。
ほんと寛容なお寺です。学びの寺だからでしょうね。
キリスト教もイスラム教も人を殺したりするのは、許されないはずなんですが・・・(゚ε゜;)

★横 濱男さん、ありがとうございます。
ここの羅漢さんはリアルでしたからね、魂も感じられたし・・・(^_-)

★すーさん、こんにちは。
萬福寺のことを検索していたら、すーさんのブログがよく出てきましたよ♪

★tasuchanさん、ありがとうございます。
禅寺の原点みたいな、中国様式が印象的な寺院でした。
近くなのでまた行ってみたいと思ってます。
見逃したものも多いので・・・(^_^ゞ

by 路渡カッパ (2015-02-14 15:36) 

風来鶏

びんずる尊者を見て思い出しましたが、ちょうど1年前に行った大宰府天満宮の“牛の像”も、鼻~頭がツルツルでしたね^^;)
http://moony-flight.blog.so-net.ne.jp/2014-02-15
by 風来鶏 (2015-02-14 19:32) 

はなだ雲

十八羅漢像、意外と思い思いの格好をしていらっしゃいますね
ガランドウの前にいる、猪八戒と沙悟浄的な
妖怪の存在が、とても気になる^^
by はなだ雲 (2015-02-14 19:39) 

チョコシナモン

|。・ω・|ノ コンバンワ☆
説明を読ませて頂いてありがたく見させていただきました。
撮影させて頂けるって嬉しいですよネェ。
自分の目で見てみたいです。
by チョコシナモン (2015-02-15 00:02) 

Cazz

すごく見所がありそうなお寺さんですね。
私も行ってみたいです!
by Cazz (2015-02-15 13:25) 

たいちさん

建物内の仏像の写真を自由に撮らせてくれる寺院は珍しいですね。撮影に夢中になる理由が分かります。
by たいちさん (2015-02-16 10:57) 

路渡カッパ

★風来鶏さん、ありがとうございます。
水の一滴 岩をも砕くと言いますが、皆で撫でれば
あんなにもなるのですね。
梅ヶ枝餅がまた食べたくなりました・・・(^_^ゞ

★はなだ雲さん、ありがとうございます。
羅漢像もいろんなものがありますね、ここのはリアルでした。
私は円空の仏像の方が好きですが・・・
あの妖怪、何なんでしょうね。南遊記なんて知らないしw
河童が活躍してたらイイのですが。(^_^ゞ

★チョコシナモンさん、こんばんは。
撮影できるのは嬉しいですよね♪
喜んで撮っていたら、大変な枚数になりましたよ。
ロクなモノは撮れませんでしたが・・・(^_^ゞ

★Cazzさん、ありがとうございます。
特徴のあるお寺です。
機会があれば観る価値はあると思います♪

★たいちさん、ありがとうございます。
そう大概は禁止ですからね、理由がよく分かりませんが。
以前、何故なのかお寺の方に聞いた事もあります。
仏像自体は文句は言いませんが、
信心されている方に失礼かもってことでした。(^_^ゞ

by 路渡カッパ (2015-02-16 23:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。