So-net無料ブログ作成
検索選択

和洋中、ふつうにランチ。 [ランチ/カフェなど]

FUJI4049.jpg

仕事柄、外に出ることはなく昼食もいつもは愛妻手料理。
たまには外食・・・といっても、ご近所ランチ、大衆食堂。

FUJI4060w.jpg

ここは昔よく行っていた洋食屋さん、スタッフに育ち盛り?がいて、
『中華料理ちゅん』か、ここなら安上がりでお腹が膨れる。
ハンバーグランチはドリンク付でライスてんこ盛り。

FUJI4055w.jpg

カツカレーも結構ボリューミー。これにまだ大盛りもあり・・・

FUJI4057w.jpg

ちょっと贅沢に?チーズハンバーグもあり。
とにかくお腹はいっぱいになるが、味は・・・特別ではない。
不味くもなく、特別美味しくもない。(^_^ゞ


最近気に入って、ちょこちょこ行く『ミスター・ギョーザ』

FUJI4101.jpg

ギョーザ(6コ)270円を2人前、特製きゅうりのマル漬け 200円、
味噌ラーメン 650円、小ライス 180円。ついつい頼んでしまい
予算も胃袋もオーバー状態だが、満足度も高い。

FUJI4096w.jpg

何と言っても、シンプルな焼餃子だけれど、旨い!
この日は、私は味噌ラーメン、家内は塩ラーメン(600円)。

FUJI4098w.jpg

ラーメンは醤油ラーメン(600円)が、一番口にあった気がする。
ギョーザもラーメンもシンプルど真ん中が好き♪


ご近所のスーパーの向かいに気になる食堂があった。
結構繁盛している様子、お昼時には客が溢れていることも・・・
こういう定食屋は少なくなった、余程旨いか、安いからかな?

DSC_1112.jpg

「○○(屋号)定食」ドリンク付で700円。お値打ちかな?
ただ、アイスコーヒーを頼んだらコップいっぱいにクラッシュアイスを!
ストローでひと息で吸えた(笑)

DSC_1114w.jpg

私は初めての店では天丼を頼んでみることが多い。だいたい店のレベルが
分かるから。ここのは600円、安いけど・・・
これってエビ天ぷら丼だよね、他の天ぷらが無い。エビはまずまずだが、
冷たい。揚げたてじゃなくチンしたのか?飯も塊りがあったり、出汁は
ほとんどかかってない。こんな酷い天丼は珍しい・・・もう行かん。
何で人気があるのか、不思議。(^_^ゞ
nice!(39)  コメント(11) 

華やか儚い花筵 [花だより]

FUJI5916.jpg

風雨が続いた後の今週水曜日に、もう散ってしまったかなと思いつつ
具足山 立本寺(りゅうほんじ)の桜を観に行きました。
七本松通今出川を少し下がったところにあります。近くには
北野天満宮、平野神社もありますが、ここは観光客が少ない。ヽ(´∀`*)ノ

花もなんとか間に合ったようです。ここの桜は低いところから咲くので、
本殿を包み込むような光景が観られます。

FUJI5922.jpg

桜舞い散る中の見物も一興、趣があります。境内一面の花筵(むしろ)、

FUJI5842w.jpg

前日の雨でできた水たまり、石畳にも零れ花が吹き寄せて・・・

FUJI5833.jpg

日蓮宗・京都八本山の一つで、日蓮聖人の孫弟子にあたる日像上人が
開山されたお寺。拝観料は無料です♪

FUJI5864w.jpg

刹堂(鬼子母神堂)には、日蓮宗の守護神である鬼子母神、十羅刹女を
祭祀し、古くから「北野の鬼子母神さん」と呼ばれて親しまれており、
毎月8日には鬼子母神祭が催されています。

FUJI5925.jpg

本堂・祖師堂・鬼子母神堂・鐘楼・方丈・客殿・庫裏などの建物は
江戸時代を代表する寺院建築として京都市の文化財に指定されています。

FUJI5861w.jpg

一つ廃堂?があり、ここに置かれた看板を見て、思い出しました。
・・・ここ来たことがある。(^_^ゞ
8年前、蓮の花を観にね。お寺の墓地には石田三成の軍師として、
猛将とされる島左近の墓があることでも知られています。

FUJI5852.jpg



FUJI5949w.jpg

徒桜、儚く散る花の散り際も美しいものです。

FUJI5967.jpg

鬼子母神は、安産・子育の神様ですが、このお寺にはもう一つ
子育ての伝説が残されています。
『幽霊子育て飴の伝説』なんです。
東山の六道珍皇寺近くにある「みなとや」という飴屋(現存します)に
夜な夜な一文銭を持って「飴を下さい」と現れる女性、6日間続いて
7日目にはお金が尽きたのかしきみの葉を持って「これで・・・」と、
不審に思った店主は飴を渡すと、後をつけてみました。
するとこのお寺の墓地で姿を消したかと思えば、お墓からは赤子の
泣き声・・・桶を掘り起こしてみると、その女性の亡骸の傍らに、
飴を舐め丸まると太った赤ん坊が!
亡くなった後、桶の中で産んだ我が子に、幽霊となり飴を買い与えて
いたのでしょうね、当時の風習で死者の身につけた六文銭、
それが尽きても健気にね。この時の赤ん坊が大人となり出家して、
立本寺第二十世・霊鷲院日審上人となったという伝承です。
お寺では『幽霊子育飴』を販売されいるようです。
もちろん「みなとや」謹製のものと思われます。
ちなみに落語の「幽霊飴」の噺では、墓の場所は
高台寺(コヲダイジ=子を大事)というオチになっています。(^_^ゞ

FUJI5958w.jpg


苔の上に紅葉も似合いますが、桜の花びらもね♪

FUJI5884.jpg



FUJI5903w.jpg

このお寺では外人観光客の姿はほぼ見かけません。レンタル着物姿もね!
落ち着いて、はんなりと過ごせる穴場かも・・・
クルマも境内に停められるし。あ、マイカー観光はおすすめしませんが。
(^_^ゞ

FUJI5892.jpg
2017.4/12、立本寺にて。
nice!(46)  コメント(17) 

サクラとサンド [ランチ/カフェなど]

FUJI5767k.jpg

4月になってもちらほら、なかなか咲かなかった桜も先週半ばには
一気に満開、見頃だと思ったら雨、風で日曜にはもう散り始める始末。

FUJI5763.jpg

時間のない中、ちょっと花見でもとあるお寺を目指すが、その前に
腹ごしらえのため出町へ立ち寄ることに。

FUJI5741s.jpg

河原町今出川の近く、北西から流れてくる賀茂川と、北東から流れてくる
高野川の合流点、三角地帯周辺を通称「出町」と呼んでいます。
古くは行商人などが都へ出入りする町として栄えたことから「出入町」と
いわれ、それがいつしか「出町」となったそうです。
ここは若狭街道、日本海の海の幸、とくに名産の鯖を運んだ街道で
通称鯖街道と呼ばれる街道の終点でもあり、元祖鯖寿司のお店が
この出町枡形商店街の中にあるというので来てみたのだが・・・

FUJI5743w.jpg

なんでやねん!急に休むって・・・また来てやる!
今日も近くまで行きましたが、定休日でしたw(^_^ゞ

DSC_1239.jpg

仕方ないので、ちょいと鴨川の方へ。まんか〜い♪過ぎる?
とりあえずランチはここで。『C0FFEE HOUSE MAKI』

FUJI5766w.jpg

このお店、モーニングセットが有名で以前にも来たことがある。
今回は2時を回っていたので、モーニングは終わってる。

DSC_1232.jpg

ご飯ものはメニューに無いので、
ブレンドコーヒー付のお得なセットメニューに・・・

FUJI5751w.jpg

パストラミビーフサンドセットとホットドッグセット。
あまりお腹は膨れないが、ちょうどいい加減。

この時点で、お寺への花見は諦めて・・・ちょっと周辺を散歩。

FUJI5771.jpg


FUJI5775w.jpg


帰り道、クルマの中からスマホで・・・

DSC_1216.jpg
〈川端通〉右手桜並木の向こうに鴨川が流れています。

〈南禅寺前交差点〉左に曲がれば南禅寺や白川通に。
真っすぐ進むと蹴上インクラインです。
FUJI5780w.jpg
〈蹴上インクライン〉日曜日、見頃も最後だったかな?

この時季、京都市内を走るとやたら桜が目立つ、桜だらけ・・・
毎年来る季節だが、ほんと驚かされる。観光客も多いはずだ。

ちなみに、今日も蹴上、岡崎辺りを走りました。月曜、火曜は
雨や強風の荒れ模様の天気だったにも関わらず
雨ニモマケズ風ニモマケズ、桜はまだ満開状態でした♪

FUJI5779.jpg
2017.4/9、岡崎にて。
nice!(43)  コメント(14) 
メッセージを送る