So-net無料ブログ作成
京都うろうろ ブログトップ
前の5件 | -

タンゴ、タンゴ♪ 丹後王国。 [京都うろうろ]

XT207240.jpg

久しぶりの海ってことで、朝食前に海を感じに海岸まで出てみました。

XT207231w.jpg

京都市に住んでいると海とは縁遠いですから、年に一度や二度は海原を観て潮騒や潮の香りを体感したくなります。
子供が幼い頃は海水浴と言えば日本海、天橋立や由良、浜詰、丹後半島なら琴引浜、間人(たいざ)なんかに・・・その頃から同じところへリピートしないって拘りがあったようでいろんな海水浴場へ行きました。(^_^ゞ
昔は、夏休みで私が休める日など海への道は大渋滞でかなり時間がかかりました。宿は海辺の民宿、昭和の懐かしい想い出です。

XT207210.jpg

海辺育ちだともっと潮水が懐かしいのでしょうね、我慢できずに・・・


ホテルの朝食は天橋立の見える窓辺でバイキング。

FUJI8334.jpg


XT207257w.jpg


XT207261w.jpg


XT207265.jpg

ビュッフェ方式はどうしても食べ過ぎる、もうランチは要りませぬ・・・


重いお腹を押さえてやって来たのが『食のみやこ 丹後王国』。(^_^ゞ

FUJI8335.jpg

ここって以前は「丹後あじわいの郷」って府立の農業公園だったのですが、いつの間にか道の駅になってました。(2年前?)

XT207276.jpg

平日の朝一だったから人出は・・・心配になるほどガラガラ。
以前は入園料が要ったのですが、道の駅になったおかげで園内散策は無料♪

XT207279w.jpg

白熱バトル カメレースって幟があったので観てみたいなと思っていたら
「小さな動物園」というのを見っけ、覗いてみることに。

XT207284w.jpg

ほんと、小さな動物園・・・入園料は無料なのでいいものの。(^_^ゞ

FUJI8349w.jpg

係の方から餌を手渡されて、あげてくださいって。餌やり体験をさせてもらった♪
餌は有料だったはずだけど、本日最初の入園者ってことでサービスかな?

XT207291.jpg

道の駅といっても甲子園球場8個分という広さ!ホテルもあって西日本最大級の滞在型道の駅になっています。
小さなお子様が喜びそうなアトラクションやイベントもいろいろあるようで、今なら北近畿最大規模のイルミネーションが行なわれていたりするようです。

XT207293w.jpg


XT207298.jpg


XT207296w.jpg

「食のみやこ」だけあってレストランも数々ありました。

XT207308.jpg


XT207305w.jpg

スズメさんのお食事にも出くわしましたよ、暴れる蝉を見事に狩って食べてました。

XT207321.jpg

花壇や果樹園も楽しめますが、
やはりこういうのもちょっと。真夏でしたから。

XT207322.jpg

XT207329w.jpg

帰りはササーッと京都縦貫自動車道で、1時間ちょい!

FUJI8379.jpg

まだ新しい道なんでPAも最新。京丹波PAなんですが道の駅も兼ねているようです。「道の駅 京丹波味夢の里」

FUJI8381w.jpg


XT207249sk.jpg
2017.7/19、天橋立にて。

次はちょっと大人の旅もしてみたいですね。(^_^ゞ


nice!(36)  コメント(9) 
共通テーマ:地域

天橋立だって。 [京都うろうろ]

XT207079.jpg

相変わらず更新が侭なりません。訪問、コメントも滞り申し訳ないですが、
元気にはしております。(^_^ゞ
備忘録として残しておきたいこともあるので、随分遅れていますが・・・
時期外れはご容赦、気にしないでください。(/・。\)

FUJI8304w.jpg

近くまで来て、折角なので日本三景の天橋立を観に行くことに。
最近は世界遺産だ何だと観光地が林立しているように思えうのですが、日本三景ってのは歴史が古く、江戸時代初期の文献にすでに日本三景として出ているとか。
特に松島と天橋立は平安時代から貴族に名勝の地として愛されていたようですね。

何度か天橋立を展望しているが、いつもココからになってしまう。
ここ、成相山(なりあいさん)の展望台ならクルマで登ってしまえるからね♪
日本一の展望とうたっているけれど、天橋立の主なビューポイント「天橋立四大観」には入ってません。
四大観とは、北から南を見る「股のぞき観(斜め一字観)」、南から北を見る「飛龍観」天橋立ビューランド、東から西を見る「雪舟観」雪舟の絵に描かれてます。西から東を見る「一字観」の4ヵ所が四大観と呼ばれ有名ポイントなんですが、
成相寺からは北から南を見る斜め一字観に近いかな。日本一かどうかは・・・?

FUJI8316.jpg
『成相山 成相寺(なりあいさん なりあいじ)』は、西国三十三所観音霊場巡りでも第28番の札所ということで訪ねた。
その時はもう一つのビューポイント「弁天山展望台」にも行ったのだが、徒歩で山道・・・今回はスルーでした。(^_^ゞ

        本堂〔1774年・京都府文化財〕
XT207137w.jpg
鉄湯船〔重文〕

花が出てくると季節感が・・・

XT207117.jpg
一願一言地蔵と桔梗の花
600年以上前から人々の願いを叶えてきた?お地蔵さん。

XT207120w.jpg

7月半ば過ぎ、梅雨明け間近な頃でしたから桔梗の花ももう終わりかけ。

XT207138.jpg
撞かずの鐘(慶長13・1608年)
悲しい言い伝えがあり、撞かれなくなったとか。
お寺は去年、旧境内が国の史跡に指定されたようです。


XT207142w.jpg

宿は『宮津ロイヤルホテル』、部屋は狭かったけれど橋立ビュー♪
窓から天橋立が観られました。

XT207151.jpg

ディナーバイキングプランだったので、好きなものだけたっぷりと食べられた。

XT207158w.jpg


FUJI8320w.jpg


XT207174w.jpg


XT207186.jpg


XT207176w.jpg

ステーキはしょぼかったけれど、デザートまでもう食べられへんってとこまでね。(^_^ゞ

XT207189.jpg

ちょうど天橋立がライトアップされるってことで、夕食後行ってみたのだが・・・

XT207196.jpg
智恩寺山門
辺りをうろうろしてみたけれど、夜だと観光にはならないね。門前のお店ももう閉まっていたし。

207077sk.jpg
2017.7/18、成相寺展望台にて。
nice!(39)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

鬼さん、コチラ。 [京都うろうろ]

XT207065.jpg

またまた遅更新ですが・・・7月の18-19日に天橋立の方に行きました。
最近は高速道路が整備され我が家から2時間もかからなくなりましたから
日帰りでも充分行けるのですが、ゆっくりとね。高速を使わず下道で♪

・・・で、寄り道です。
百人一首に詠まれている「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天橋立」
天橋立へ行くのならまずここを越えなければ、何て思ったりして。(^_^ゞ

XT207067.jpg

大江山といえば『鬼伝説』で有名。それに因んで『日本の鬼の交流博物館』
なるものが建っています。日本最大の鬼瓦のモニュメントもデデ〜んとね。

XT207037w.jpg

ただ、火曜日なのに休館!月曜が祝日だったのを忘れていました。(^_^ゞ

XT207045.jpg

めっちゃオーバーデコレーションな屋根瓦、青海波唐破風。豊後地方(大分県)で
存在が確認されたものを「日本鬼師の会」がここに再現したのだとか。

XT207044w.jpg

休館日で入れなかったけれど、中には日本はもちろん世界中の鬼?の資料が
展示されているようです。建物の周りも鬼瓦がいっぱい♪

XT207075.jpg

一帯は鬼だらけ、鬼の巣窟みたいです。なにせ酒呑童子の郷ですから!

XT207062w.jpg


XT207050w.jpg

酒呑童子(しゅてんどうじ)って名前だけ聞くと、ちょっと可愛い?
上の石像のようなイメージ。でも、昔の絵図などに描かれた姿は・・・
えげつなく怖い。酒が入るまでは穏やかなデカい子供って感じですが
怒らすと恐ろしいことに?『大江山酒天童子絵巻物』

XT207056.jpg

『大江山鬼退治』、これですね。多くの鬼を従え夜な夜な都に現れ、狼藉の限りを
尽くす酒呑童子を討伐するため、源頼光一行が帝の命により大江山へ遣わされます。
山伏に化け、毒酒を携えた一行は鬼の巣窟へ。まんまと毒酒を飲ませ一網打尽に
鬼たちを退治。ただNo2の子分、茨木童子だけは取り逃がしてしまいます。
この茨木童子が生まれたのが、今の大阪府茨木市といわれ、茨木市の
ゆるキャラは『いばらき童子』だったりする。名神高速で茨木市に入ると
看板に鬼の絵が描いてあるのが何のこっちゃって思ってました。(^_^ゞ

XT207070.jpg
2017.7/18、大江山にて。

そう言えば、ここ「丹後天橋立大江山国定公園」になってましたね。
2007年、10年前からだそうで。それまで天橋立は「若狭湾国定公園」に
含まれていたのですが、京都府だけでまとまったようです。
京都府だけの国定公園ってこれが初めてだとか、去年は北山・芦生原生林・
八丁平・美山かやぶきの里などの「京都丹波高原国定公園」が指定を
受けています。2000年以降、3ヵ所の国定公園ができてますが、
その内2ヵ所は京都府なんですね。
意外と今まで無かったってことでしょうが・・・(^_^ゞ


そうそう、今回1泊するにあたって、にゃんこのご飯をどうしようかと・・・
こんなのを買ってみました。タイマー式の自動えさあげ器。
ちゃんと機能したようです。壊されもしなかったし♪

_FUJ7018w.jpg



nice!(41)  コメント(13) 
共通テーマ:地域

おやおや、親思い? [京都うろうろ]

FUJI7544.jpg

5月6月には母の日、父の日がありましたね・・・もう8月なのに
古い記事になりますが、備忘録として残しておかないと。
ブログ、サボり過ぎてます・・・(^_^ゞ

FUJI7522w.jpg

広くて高級そうなホテルの一室、長男からの誘いで泊まることに。
体験宿泊みたいな感じだけれど・・・

FUJI7525w.jpg

私も家内も旅行は安宿で充分って考えなので、大概ビジネスホテル並みのところで
宿泊するのが常だから、これだけゴージャスなリゾートホテルは初体験?

FUJI7537.jpg

今回は旅行じゃないんです。京都市内ですからね、ちょっと外れだけど。
八瀬大原路、比叡山のふもと、『エクシブ京都 八瀬離宮』
前を通るたびに気にはなっていた宿泊施設、私が中学生の頃は「八瀬遊園」って
いう遊園地でした。その後、「スポーツバレー京都」、「森のゆうえんち」と
リニューアルをしたが2001年に閉園。その跡地に2006年、リゾートトラストの
大規模な会員制ホテルとしてオープンしていました。

FUJI7550w.jpg

何ができたんやろ、中はどうなってるのかな?って思っていたのですが、
会員制ってことで、まず行くことは無いだろうと考えてました。
リゾートトラストのシステムがイマイチ分からんのですが、オーナー制
“XIV(エキシブ)”ってローマ数字の14を表しているのだとか、1部屋を
14人のオーナーで共同所有するタイムシェアリングシステムなんですね。
オーナー会員の会員権は1千万から4千万?・・・敷居が高いです。

ひょんなことから、長男がお世話になっている方がオーナー会員のようで、
長男は何度もお供して勝手は心得ている。スケジュール的に1晩空きが出た
ので、家族を呼んでいいかと進言したところ快く承諾してもらったとかで、
またとない機会だから体験だと思って泊まってみないかと・・・
それなら、私の母親も一緒に連れて行こうと。(^_^ゞ

FUJI7539.jpg

同居の母親は大正14年生まれの92歳、何かと不自由になり旅行にはあまり
連れて行けないから、良い機会なので・・・

FUJI7553w.jpg

平日だからガラガラ?と思いきやそうでもない。地下駐車場には
高級外車がズラリ、私らの8年落ちフリードが目立つほど。
気がついたのは、外国人の姿が無いんですよね。さすが会員制だから?
ある意味気持ちいいんだけど・・・同じ日本人の格差は感じるな。(^_^ゞ

FUJI7541.jpg

ま、とにかく、息子は私らに、私は母親に親孝行の真似事ができたかなと。

そうそう、息子達の母の日プレゼントは・・・

FUJI7388.jpg
長男の彼女から・・・

FUJI7381w.jpg
次男からは家内の大好物のみかん。
季節はずれだけれどとても美味しく、喜んでいました。

父の日プレゼントは、というと・・・

FUJI7968.jpg
やはり長男の彼女からはブランドの靴下♪
よそ行きに使わせてもらいます。(^_^ゞ

FUJI8131w.jpg
次男からは苔玉2鉢、これも嬉しい。
すでに枯らしてしまってる・・・御免(涙)
nice!(41)  コメント(11) 
共通テーマ:地域

清水寺開創の地?牛尾観音 法厳寺 [京都うろうろ]

FUJI5599.jpg

京都の東端には音羽山があり、山を越えれば近江の国って位置。
その支峰に牛尾山という山があって、ハイキングコースになっている。
子供の頃は、ここでキャンプや飯盒炊爨をしたものです。
なのに、このお寺の存在は知らなかった・・・(^_^ゞ

FUJI5606w.jpg

鎌研ぎ橋登山口から音羽川に沿って登るハイキングコース。
今は舗装されクルマでも登れるが・・・蛙岩、十字刻印石、大師堂、
お経岩、聴呪ノ滝、仙人窟、橘青龍の滝、夫婦ノ滝、しずく谷不動尊、
音羽の滝、大蛇塚、牛尾白糸の滝、牛尾苔の雫滝を経て、
牛尾山桜の馬場に到着。四輪はここまでで、駐車スペースにもなっている。
昔はここがキャンプ場だったはず。今もクルマで来る人は少ないかな、
ほとんどがハイカーです。

私は苔を観にバイクで来たので、七廻りと呼ばれる九十九折れの山坂道を
登って行きました。
ここには「苔の雫滝」とか「苔滑洸(こけこっこう)の滝」なんて名前の
場所があるから、苔探索にはちょうどいい?

FUJI5530w.jpg

途中フェンスがあったので、牛尾観音の境内までは行けず、
ここでバイクを降りて、あとは徒歩で登ります。
ちょうど「天狗の足跡」・・・なんのこっちゃ分からんけど。(^_^ゞ


FUJI5539.jpg

牛尾山 法厳寺(うしおさん ほうごんじ)通称:牛尾観音。778年創建。
音羽山 清水寺が建てられてからは「清水寺奥の院」となる。
清水寺の開祖・延鎮は夢告に従い、伝承の僧・行叡の沓(くつ)を拾った
とされた。この地の音羽山により、清水寺の山号を音羽山としたとも。

山科といえば赤穂浪士、大石内蔵助が毎夜、人目を避けて訪れ、
祈願したんだとか。幕末には尊王攘夷派の志士達の談合の場に・・・
そうとう山奥の隠れ寺だったということでしょうね。
現在は本山修験宗の単立寺院。

       〈手水舎〉
FUJI5538w.jpg
〈記念碑〉何の記念かしらんけど。
手水舎の横には西国三十三所霊場と四国八十八所霊場のお砂踏み場が
ありました。便利過ぎる?(^_^ゞ


FUJI5543.jpg


FUJI5542w.jpg

崖のような斜面に「天狗杉」と呼ばれる杉の巨木があり、その前に
大杉堂が建てられている。ここには火を司る男神・大杉坊大権現と
水を司る女神・八頭龍王尊を音羽山の山の神として祀られています。

FUJI5603.jpg



FUJI5590.jpg
〈本堂〉1689(元禄2)年に再建。
本尊は天智天皇自刻とされる十一面千手観世音菩薩、脇侍に
不動明王、毘沙門天を安置する。

FUJI5584w.jpg

香炉の紋は行者輪法、本山修験宗だからかな?
鰐口の奥には方位盤が天井に貼られている、何か意味があるのかな。

FUJI5593w.jpg


FUJI5594.jpg

ここには「六大具足 修験道場」の案内が・・・
一.地=地主大神、二.水=五智瀧、三.火=護摩堂、四.風=天龍王神、
五.空=釣鐘堂、六.識=大弁財天。となっているが、修験道のことは
よくわからない。(^_^ゞ

FUJI5551w.jpg
〈釣鐘堂〉空の道場
…梵鐘は大日如来の心を表しており、その音は法身の説法と言われます。
多くの迷いや煩悩を鐘の音と共に消滅させて下さい…
梵鐘には「京清水寺奥院」の文字が刻まれています。

釣鐘堂の奥の堂宇が〈護摩堂〉火の道場
…日常生活で作り出した業や煩悩を護摩木に托して、佛の智恵の火で、
全てを焼き尽くして清浄にする道場です…
FUJI5560w.jpg
〈天龍王神〉風の道場
…火が風を呼び、風に乗って天龍王神に降臨頂く道場です。
地・水・火・風の四大が崩れますと死に至り、清浄になれば神佛の
世界に至れます…

FUJI5555w.jpg
〈大弁財天〉識の道場

FUJI5562.jpg
〈五智瀧〉沐浴道場へ続く踏み石

FUJI5568w.jpg
〈五智瀧〉水の道場
…十八界を清浄にする為、十八尺の高さから 五佛の三摩地に位した
五智如来の加護を頂いて下さい…
ここで滝行ができるようです。水は出てませんでしたが、申し込めば
出してくれるのかな?

〈地龍王神〉地の道場
FUJI5581w.jpg
〈霊水 金生水〉
…当山の開祖、延鎮上人が金色に輝く一筋の水の流れの源を尋ねて
来山され、行叡居士の導きで、法厳寺が建立されました…

FUJI5579w.jpg

シニア世代のハイカーグループを何組か見たが、修験行者は見ず。
寺務所にも人影はなく、お寺の方とも出合わなかった。
ハイカー以外、見向きもしない寺なのかな?

興味深いのはここの寺伝と、あの世界遺産である清水寺の縁起が共通?
清水寺縁起では、778(宝亀9)年、延鎮が霊夢をうけ音羽山麓にある清泉に
辿り着き、そこで行叡居士と出逢い、その遺命でこの観音霊地の山を
守った・・・というのが清水寺開創のくだり。
この法厳寺創建の寺伝と一致している。どういうことなのか
そもそも清水寺は音羽山麓ではない、東山三十六峰のひとつ清水山の
山麓になると思われる。清水寺の近くの地名に東音羽町というのが
あるが、この「東」と付くのがキモ?
一方、法厳寺はまさに音羽山麓にあり、ふもとは音羽という地名、地域。
清泉・金生水が流れ出る音羽川には本物の(?)音羽の滝がある。
あの有名な清水寺の音羽の滝とは全くの別物、自然の姿のままで。

どうも清水寺縁起に書かれている開創の地は、ここであると考えるのが
自然だと思われる。
ならばここも、もう少し知られていてもいいのかな。

ちなみに清水寺創建は、音羽山に鹿狩りに来た坂上田村麻呂が延鎮と
出逢い、延鎮より殺生の罪を説かれ、観音に帰依して観音像を祀るために
自邸を本堂として寄進したとある。780(宝亀11)年。
その後、征夷大将軍となった坂上田村麻呂は東国の蝦夷平定を成し、
無事に都へ帰ることができて798(延暦17)年、本堂を大規模に改築。
したがって坂上田村麻呂の自邸があった場所が今の清水寺で、
草創伝承の地はこの法厳寺ってことですかね。そこのところが
うやむやにされている気がする。
なお、清水寺では行叡を元祖、延鎮を開山、田村麻呂を本願と
位置づけているようです。現在の奥の院は舞台のある本堂のすぐ近く
音羽の滝の奥にあります。

FUJI5572.jpg
2017.4/6、牛尾観音 法厳寺にて。
nice!(49)  コメント(15) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - 京都うろうろ ブログトップ
メッセージを送る