So-net無料ブログ作成
検索選択
カメねた ブログトップ
前の5件 | -

今度のカメラは富士フイルム♪ [カメねた]

_D7S3062.jpg

常に持ち歩けるお手軽カメラを探していたのですが・・・
迷い出したらキリが無く、迷っている間にも魅力の新機種が出たりして。

条件としては、レンズ一体型でコンパクトであること。撮像素子が
できるだけ大きく画質優先の機種。バリアングル液晶(チルトでも)で
ファインダーも装備していること。ズームは、できればワイド。
もちろん安価である事も重要。(^_^ゞ
全ての条件を満足させるものって、ありそうで無いのよねぃ・・・

いつかはそんな新機が出るかもと待っていたのですが
カメラを買うのが趣味なような(^_^ゞ 某氏が紹介された機種に
興味と衝撃が!(オオゲサナ)
・・・で、某氏に背中を押されたこともあり、購入決定!

『FUJIFILM X30』です。

_D7S3033.jpg

私にしては珍しく、ネットじゃなく実店舗で。
売り場で手に取って、コンデジにしては大柄で重いボディ。でも、
それが心地よくフィットしたもので、質感もなかなかGOOD!
色はブラックかシルバー、私はブラックが良いと思ったのですが
家内がシルバーがイイって!
ここは家内の意見に従ってみましょう。(^_^ゞ

それにしても対面販売って時間がかかりますな、売り場の方が丁寧で。
あ、商品説明じゃなくポイントやサービスの内容説明がね・・・
ともかく、下取りサービスやポイント利用のお蔭で、ネットで買うより
安く買えました。延長保証や他の保証も付けて44,000円ほど。

付属のキャップはアルミ製で内側は起毛布になっている。
_D7S3083w.jpg
シャッターボタンには器械式のレリーズが取り付けられるネジ穴がある。
とても便利な心遣いだけれどゴミが入って詰まらないかと心配。


_D7S3082.jpg
なかなかクラシックな佇まい、質感も良し♪
電源と連動したマニュアルズームリングとコントロールリングの2つの
リングを搭載。マニュアル時にはコントロールリングが
フォーカスリングになるのは歓迎です。

有機ELファインダー 約236万ドット(視野率約100%)はかなり秀逸。
視度調整の幅も大きく助かるのだが、アイピースが欲しいな。
_D7S3092w.jpg
バリアングルではないので自分撮りには使えないが、チルト式でも便利。

最終的な候補は「PowerShot G7 X」「DSC-RX100M3」
もしくは「PowerShot G3 X」。
いずれも撮像素子は1型CMOS(裏面照射型)、2000万画素オーバー。
G3Xの24mm~600mmのワイドズームは魅力的ですが、大き過ぎ、
重過ぎ。それに価格が高過ぎ・・・で、まず外します。

全く候補に入れていなかった「FUJIFILM X30」は、2/3型(裏面照射型)の
センサーサイズで1200万画素、G7XやRX100M3と比べると明らかに
劣っています。なのにボディサイズは大きくて重い。
しかし、作例を見ると見劣りしない。唯一、ローパスフィルターレスで
あることと、X-Trans CMOS IIというセンサーが優秀?
これは、一般的なBayerセンサーのRGBの比率が1:2:1であるのに対し、
富士フイルムのX-Trans CMOSは2:5:2。 緑の比を少し高くすることで、
高感度性能を改善した特許もの。それで数値データ以上に優れていると
感じるのかもしれません。

富士フイルムって会社(フィルムじゃなくフ「イ」ルムなんだよ、
キャノンもキヤノンだけど)、それこそフィルムから印画紙、引伸し機、
レンズもカメラも大判・中判からライカ判、レンズ付フィルム・写ルンです
まで作ってきたメーカー、フジカシングル8なんて8ミリカメラなんかも
大ヒットさせましたね。
デジタルカメラでも1988年にメモリーカードにデジタル記録を行う
世界初のデジカメを発売。世界初の3倍ズームの一眼レフデジカメを
発売するなど早くから開発。日本のデジタルカメラ黎明期を支えた
メーカーです。初期に置いてはニコンと共同開発したフルサイズ機を
それぞれのブランドから出していましたね。
FinePixなどコンデジでも多彩な機能を開発、搭載するも業界全体の
低価格化競争とスマホの急速な普及により苦戦が続いていましたが
ハイエンド機とされるXシリーズの登場で黒字化を達成しています。


富士フイルムって名前からしてノスタルジック?
それではと、レトロにドレスアップを・・・

_D7S3095.jpg

折角安く買えたのに付属品、ドレスアップで2万円ほど使ってしまった。
レンズフードは安価な汎用品もありましたが、プロテクトフィルターと
セットのメーカー純正品にしました。専用キャップも付いています。

クラシック感がぐんとアップ♪
_D7S3103w.jpg
首掛けストラップは嫌いなので、リストストラップを。
イタリアンレザーってことで無意味に高いかも。(^_^ゞ

_D7S3110.jpg
X30専用のレザーボディケース、思った以上に気に入ってる。

専用品だから当然カメラの機能を邪魔しない。
_D7S3107w.jpg
レリーズシャッターボタンのネジ穴はこれで安心。

_D7S3109.jpg

ひとつ悩みのタネが、構えたり撮影時にカメラ上面のダイヤルが
指に当たって回るのよね、これを防ぐためのサムレストが欲しいのだが
汎用品はX30に対応したものが出ていない。純正品は高いのよねぃ・・・

メモリーカード、電池の交換はフタが二重になりちょっと面倒。
_D7S3122w.jpg
ついでにピッタリサイズのフォトバッグも新調。
まるでカメラ女子?(^_^ゞ

_D7S3116.jpg

今回の購入履歴を・・・









液晶保護フィルムはHAKUBAのMarkII 682円、予備バッテリーは
互換品のロワジャパン社製、650円。ちなみに純正は5,011円。


最初に撮った1枚は・・・
DSCF0002.jpg

そして、
DSCF0003.jpg

上の画像のピクセル等倍の切り出し
DSCF0003t.jpg
コンデジとしては精細な方かな、でもやはりセンサーサイズの
小ささからくる粗さは如何ともし難いところかな?


DSCF0007.jpg
海ぶどうがあったので

DSCF0015.jpg
庭に出てみました。蜘蛛の巣と八朔。

Jpeg撮り出し、サイズ変更のみの無補正。
DSCF0031w.jpg


DSCF0045.jpg

とにかく気楽に簡単に撮れる、失敗が少なそう。
もしかすると、メイン機になるかも・・・(^_^ゞ


ネオパンが懐かしいでしょ、開けもせず残っていました。
有効期限「1993.7」って・・・

_D7S3070.jpg
nice!(48)  コメント(23) 
共通テーマ:地域

またアイテム買ってる。 [カメねた]

SIGMA DP2 Merrill用にまたちょこちょこカメラグッズを。

DP2M0860.jpg

またまた面白そうな三脚をANIKIさんのブログで知り・・・ポチッ♪
ベルボンの『CUBE』ってやつです。

_D7S6265.jpg

軽くてコンパクト、収まりが良くて、何より扱いがイージー♪
ほんとに世界最速かも・・・(^_^ゞ

_D7S6269w.jpg

こちらに動画もあります。


Amazonなら送料無料で ¥3,663



底に三脚が付けられるベルトパックタイプの「Lowepro インバース100AW」
付けてみましたが、シンプルな形状ゆえ、スルッと落ちそうで・・・

_D7S6272.jpg

_D7S6277w.jpg

DP2M用に買った小さめのバッグの中、ちょうど底板のように。これなら安心♪


脚は8段のタボ式(昔のラジオとかクルマのアンテナみたいな方式ね)で、
3本一気に引き出せ、高さ940mmになります。格納するのも一気です。

_D7S6279.jpg

_D7S6284w.jpg

それに、この雲台が何とも便利。横のストップ解除レバーを洗濯ばさみの様に
つまみむとテンションフリーになり、向きが調整でき離すと固定します。
タテ位置にするのもワンタッチ。レバーを押し込んでストッパーを外すと
カチンッと90度に固定されます。

_D7S6289.jpg

自重:390g 収納時:240mm×90mm(雲台のレバー部) 厚さ:32mm
軽くてフラットな形状はお荷物になりにくく、それでいて228mm高の
テーブル三脚としても940mm高の三脚にもなるので、旅行にはもって来い。
自分撮り、記念撮影に重宝します。
ANIKIさんはツーリング時に使われているようです。

欠点は、脚を伸ばすとどうしても弱い。強い風が吹いたら揺れます・・・
脚の長さを途中で調節するのも面倒。
推奨積載重量が0.4kgなので重いデジイチなどは無理、コンデジ専用です。


SIGMA DP2 Merrillを買った時から念願だった『クローズアップレンズAML-2』を
買いました。外品なら1,000円前後の安いものもあるのですが、
ここは評判の良いシグマ純正品を(希望価格8,500円だって!)。
ついでに偏光(PL)フィルターもゲット。こちらはケンコー製で。
ちなみに発売間近のシグマ純正 WR CIRCULAR PL FILTER は希望価格8,900円。

DP2M0880.jpg



DP2M0838w.jpg
クローズアップレンズ 左〈未装着〉、右〈装着〉
少しですが寄れます。背景のボケもなかなかイイかな♪

DP2M0842w.jpg
同じく・・・

さて、PLフィルターの方はあまり使い慣れていないので、こんなもんかなぁ?
DP2M、どうも空の色が気に入らないので、苦肉の策です。PLフィルターで
何とかならないかと・・・

DP2M0885w.jpg
PLフィルター 左〈未装着〉、右〈装着〉

DP2M0893w.jpg
同じく・・・ Pモード(プログラムオート)で撮っているから、厳密な
撮り比べになっていないかも。

ちなみにこれは安上がりで済みました。測光系にハーフミラーが介在しない、
プリズム部で測光するカメラや露出計を内蔵しないカメラに対応の
クラシックカメラ専用のPLフィルター。DP2Mはこれで充分なはずです。


DP2M0874w.jpg
これは効果がよく分かります。左〈未装着〉、右〈装着〉
反射が抑えられて中がよく見えます。これジョーシンの抽選のハズレだそうで、
家内が取ってきたのですが「新井選手ばっかり残ってた」って!
ある意味、レアなのに・・・


クローズアップレンズで撮って、さらにトリミングしてみました。

DP2M0864.jpg
〈ツワブキ〉


DP2M0861.jpg
〈愛猫 さら〉


DP2M0865.jpg
〈ユリオプスデージー〉

上〈未装着〉、下〈装着〉。ノートリミングです。
DP2M0871w.jpg
〈スプレー菊〉の一種でしょうか。


なんじゃこりゃ!しわくちゃの山茶花?こんな品種じゃ無かったのに・・・

DP2M0868.jpg
2014.11/10、庭にて。シグマクローズアップレンズ試し撮り。
nice!(47)  コメント(13) 
共通テーマ:ショッピング

小物類 for DP2M [カメねた]

SIGMA DP2 Merrillの利点を活かし、欠点を補うためにいろいろと。

_D7S5211.jpg

Canon SX50 HS を買った時も、いろいろ用品を揃えてみましたが・・・
『50倍楽し?SX50 HS』『b-grip』『ターゲットを探せ』
今回も何かと揃えてみました。
すでにレンズキャップや液晶ビューファインダーは紹介済み。

まずは手振れ補正機能が無いDPメリルのために、こんなものを。

_D7S5148.jpg

エツミ「カムコーダーサポート」です。パッケージの写真を見ての通り
首にベルト、それに1脚が装着されたような構造です。
もともとムービーカメラ用のようですが、デジカメでもOK♪

_D7S5159w.jpg

意外と固定感があり、しっかりホールドできます。三脚や一脚禁止の場所でも
これならOK?ただ、撮る時は息を止めないとね、腹式呼吸禁止です(笑)
ネックストラップ代わりにカメラをぶら下げる・・・歩き難いです。(^_^ゞ
軽量ですが、少々かさ高い。バッグ内ではベルト部分が邪魔になります。
それでも小さなバッグに収納できるので良ですかね。
雲台はコインが無いと回せないのがマイナス点です。

 エツミ E-6124 カムコーダーサポート

 エツミ E-6124 カムコーダーサポート
価格:2,633円(税込、送料別)




もう少し落ち着いて撮る場合は、こんなものも。

_D7S5170.jpg

『マンフロット ミニ三脚 PIXI』←HPには面白い紹介ムービーが♪
三脚に見えない可愛いデザインがおしゃれ?意外としっかりしています。
自由雲台部分も角度を決めたり固定したりするのがボタンを押すだけ、
ねじ込み式じゃ無いので、素早く簡単。スマートな操作です。

_D7S5166w.jpg

これは使える!使いたくなるミニ三脚です♪

自重:230g 開脚時高さ:13.5㎝ 格納時高さ:18.5㎝ 最大耐荷重:1.0kgですが

DP2M0370.JPG

無理やり乗せてみました、1.5kgオーバー。耐えられますが、バランス悪し。
決しておすすめできません。(^_^ゞ




もっとしっかり(夜景など)撮りたい時はと、考えました。

_D7S5223.jpg

エツミ「レリーズ アタッチメントシュー」、一応DPメリル対応です。

_D7S5184.jpg

それに、Nikon「ケーブルレリーズ AR-3」ケーブルレリーズ、各種ありますが
これが一番短くてしっかりしてそうなので。


_D7S5227w.jpg

_D7S5232.jpg

シグマが電気式レリーズに対応してくれていたら、こんな苦労しなくても
済むのに・・・しかも電気式じゃなく所詮シャッターボタンを押すことに
なるので、衝撃はあるよね。(-。-;)






お決まりの?カメラバッグも新調です♪

_D7S5207.jpg

C国製?何て読むのかな・・・
_D7S5208w.jpg
意外としっかりした造りで、ほっ。ポケットも最適サイズ。

ショルダーバッグ ウエスト 手提げ 3wayってことでした。

DP2M0366w.jpg
手提げのつもり。 ショルダーバッグのつもり、肩ちゃうし・・・w

DP2M0368w.jpg
私は基本、ウエストバッグとして使います。ベルト部分にも収納ポケットが♪




カードケースのおまけまで付いて、2,980円(送料込み)満足価格です。

_D7S5219.jpg
nice!(40)  コメント(17) 
共通テーマ:ショッピング

山野草の森、試写レポつづき。 [カメねた]

わち山野草の森での SIGMA DP2 Merrill の試し撮り、つづきです。

DP2M0132.jpg

栗の実のいが、ディテールも結構鮮明に。私がデジイチのD7000で撮るより
明らかに精細な画像が得られます。コンデジのレベルじゃ無いかも・・・

DP2M0134.jpg

フルサイズ機並みなんて言ったら叱られるでしょうが、
5万円で買えるコンデジにしては上出来。ま、コンデジで5万円出せば
オールマイティでかなり高レベルの画質を持ったものがありますが。(^_^ゞ


DP2M0141.jpg

ため池を撮ってみました。水面の写り込みは肉眼での視覚を超えているほど
くっきり写りました。


DP2M0142.jpg

水面に映った空。


DP2M0144.jpg

このカメラを持つと空を撮りたくなるってレポを読んだので、撮ってみました。


DP2M0148.jpg

さりげない野の花も実像感があるというか、これもデジイチを超えているかも。


DP2M0151.jpg

こういう建造物も得意?等倍の画像を見るとかなり精細に解像しています。


DP2M0153.jpg

風景を撮るにはもう少し広角が欲しくなりますが・・・


DP2M0154.jpg



DP2M0146.jpg

こういうアングルがちょっと辛いですね。イメージ通りじゃない。

ちなみにこのDPメリルシリーズ、3種類あって、私のはDP2Merrillですが
DP1が広角レンズ19mm F2.8(35mm換算28mm相当)、
DP2は、標準の30mm F2.8(35mm換算45mm相当)で最初に発売されたモデルです。
DP3が一番後に出たちょい望遠?50mm F2.8(35mm換算 75mm相当)。
交換レンズ方式をとらず、それぞれが専用設計の固定式単焦点レンズってこと
ですが・・・3台揃えると15万、価格的なメリットは飛んでしまいそう。

次回は私なりにこのカメラのために揃えた関連グッズの紹介をします。


DP2M0161.jpg


DP2M0168.jpg
2014.8/14、わち山野草の森にて。


おまけ、夕べ(8日)の中秋の名月。月面となるとSX50SHの出番です。
IMG_3833.jpg

本当は今夜が満月?スーパームーンだったようですが生憎、雲が出て
お月さんは雲間から出たり隠れたり・・・上手く写真が撮れませんでした。
nice!(45)  コメント(19) 
共通テーマ:地域

規格外?のカメラかな。 [カメねた]

買ってしまった SIGMA DP2 Merrill やっぱり私は変なもの好き?(^_^ゞ

_D7S5261.jpg

新しく買ったカメラですが、新型機種ってわけではありません。もう2年前に
発売されていた機種です。単焦点レンズでズーム機能もなく、手振れ補正や
今や常識的な便利機能も無いコンデジでありながら、発売当初8万円以上
していました。
撮像素子(イメージセンサー)が、APS-Cサイズで有効画素4600万画素。
「解像番長」と言われる高画質・・・とは言え、へたすりゃデジイチより
高い。興味はあるもののそこまでの冒険はできずにいました。
それが去年の暮れから今年にかけて価格が落ち出し、5万円で買えるように
なったので、それでも少しばかり勇気がいりましたが・・・

そう言えば愛車、マツダロードスターも2Lのエンジンながら2人しか乗れず
荷物も積めない非実用的なことこの上ない、但しこのクルマでしか味わえない
楽しさがあります。25年前、ロードスターがデビューした時のキャッチフレーズが
「このクルマを手に入れるほんの少しの勇気を持てば、きっと、だれもが、
しあわせになる。」・・・でした。
こう言うのに弱いのかも知れません、私。(^_^ゞ

_D7S5193w.jpg
何ともそっけないデザインです。私は気に入ってますが・・・

そもそも「シグマ」ってカメラメーカー、あまり知られてないかも。
れっきとした日本の光学機器製造会社です。一眼レフカメラ用交換レンズを
主力に開発製造しているメーカーで、カメラも自社開発。キャノン・ソニー・
富士フィルムに続き、本体・レンズ・撮像素子を自社製とするメーカーです。

_D7S5190.jpg
標準セットでバッテリーが2つ最初から付いているのは珍しいですね。

このメーカーの最大の特徴は、その撮像素子にあります。
「Foveon X3」と呼ばれる独特な三層構造のイメージセンサーです。
アメリカのフォビオン社により開発されたものですが、シグマが会社ごと
買収に成功、完全子会社(正確には孫会社)としています。

_D7S5203w.jpg
機能が少ないので、操作はいたって単純明快。扱いやすいです。

現在使われているデジタル式カメラのイメージセンサーのほとんどは、
KodakのBayer氏が考案したベイヤー方式が採用されています。
それ以外はこのフォビオンだけと言えるようです。そう、ちょうどクルマで
言えば、レシプロエンジンとロータリーエンジンみたいな関係でしょうか。

さて、その特異なイメージセンサー(撮像素子)と言うのは・・・
簡単に言えば(難しいことは分からない ^_^ゞ)光の3原色(R=赤、G=緑、
B=青)を解析、電気信号に変えるフォトダイオードの集まりですが、
ベイヤー方式というのは1枚の平面に、R1、G2、B1に4分割された画素が
1セットで並べられています。総画素数が1600万画素ならR400万、G800万、
B400万画素ということになります。(緑が多いのは、人の目も緑を感じる
神経が多く、そのほうが自然に見えるからだそうです)
フォビオンの場合は、R・G・Bが三層に重なり1枚になっている。それぞれ
1600万画素あるので、総画素数はX3で4800万画素ってことに。
(有効画素数は4600万画素です)この画素数には驚きます。
高画素数がウリのNikon D810でも3635万画素(有効画素)ですから。ただし、
画素数が多いからと言って画質が良いとは限りません。Nikonでもプロ用?
ハイエンドモデルのD4Sは1623万画素(有効画素) ですから・・・

問題は画素数では無く、その構造。ベイヤーの場合、ウィークポイントが。
平面上で3原色を受けるのでそのままではモアレ、偽色が発生します。
それを防ぐためローパスフィルターというものを使って、わざと滲ます?
画像をぼかす必要があります。そのため解像感が鈍ります。
フォビオンは平面で分割せず、層になっているので色の位置がずれず、
原理的にローパスフィルターの必要が無いので、解像感のあるシャープな
画像が得られます。
最近ではベイヤー方式でもローパスフィルターレスが出て、もてはやされて
いますが、ベイヤーである以上、構造的には変らないので、より精細な画素に
するとか画像処理エンジンの改良などの技術で実現しているのでしょうね。
これからますます期待できるし、そうなると複雑で欠点の多いフォビオンは
消え去る運命?・・・まさにロータリーエンジンと似てるね。(^_^ゞ


SIGMA DP2 Merrill(DP2M)、このカメラの魅力はそのダイレクトでシャープな
解像感に尽きるのですが、その分?撮影機能は極めてシンプル(貧弱?)。
そもそもファインダーもストロボも付いてない。(オプションが用意されている)
固定式の単焦点レンズなのでズーム機能も無いし、手振れ補正機能もナシ・・・
シーンモードやフルオートモードも無く、AFは9点。ただ気に入っているのが
MFがリング式で、フォーカスリングを動かすと画面が拡大される。これ便利♪
ま、液晶モニターは3.0型の92万ドットですけど・・・
それにフォビオンの特性上(画素が大きいから?)高感度撮影に弱い。
ISOは一応6400まで設定できるが、取説でも推奨は800まで。それ以上は見るも
無残な画質に。実際ISO400でも荒れるので、私は上限ISO200で固定している。
ファイルサイズも問題、このカメラ、基本的にRAWでの記録を推奨している。
JPEGで撮ることも可能にはなっているが・・・
4,704x3,136pixのRAW画像で45MB。50MBを超えることもある。
Nikon D7000なら、RAW画像(4,288x2,848pix)で10MBを超えない。
この大きなファイルを記録するものだから、撮影している内にカメラが熱を
持って熱くなってくる。デング熱に感染したわけでも無かろうに!(^_^ゞ
バッテリーももたない、撮影枚数はフル充電で約97枚とあるが、70枚程度と
思っておいた方が良さそう。だから標準で2コ付いているわけだ!
RAW現像ソフトも秀逸な専用ソフトにFoveon X3は対応外!
唯一、シグマが提供している「SIGMA Photo Pro」を使うしかない。
このソフトがまたクセモノで、動きは遅いは、クラッシュするは…(涙)

そんなこんなで、口コミではこのカメラを買う人は「カメラに精通、撮影
技術にも長けた上級者か、もしくはアホ」ってことになる・・・もちろん、
私は明らかに後者。(-。-;)

先日、試し撮りに夕暮れの京都の街を、将軍塚から。

DP2M0202s64.jpg
このサイズにしてしまうと変哲ない。スマホで撮った方がキレイかも?

そのままピクセル等倍を切り出してみると・・・
DP2M0202tb.jpg

暗いのでよく分からないからソフトで明るくしてみる
DP2M0202tba.jpg

小さくにしか写っていない京都タワーの周辺、ビルの窓までくっきり。
やはりそれなりに解像度はあるようです。シャープネスなど一切かけてない。
だからってどうなん?の世界ですが。私の拙い検証写真ではどうも・・・
興味のある方は「dp2m」とかで検索してみて下さい。

メーカーサイトは「コチラ」

ちなみに私、Amazonで購入しました。


いつものように付属品も探したので、ご紹介。

まずはレンズキャップ。標準のものだと外した時に置き場に困ります。
私なら間違いなく失うでしょう・・・(^_^ゞ
そこでフードも兼ねたこんなものを。いまいちスマートじゃないけれど。

_D7S5266w.jpg




ファインダーが無いのがどうも寂しい。写真を撮るのにモニターを見ながら
腕を伸ばして撮るというスタイルがどうも好きになれないので・・・

_D7S5145.jpg

_D7S5154w.jpg

こんなものを。拡大鏡が付いているのでピント合わせにも有効か。
明るい野外でも液晶が見やすい・・・でも、何かブサイク~!(笑)
視度調節機能が無いので、老眼にはツライ。
マグネット式で取り外しは楽なので、まず使うことが無いかも・・・(^_-)

_D7S5272.jpg

_D7S5276w.jpg

また要らんもん買ぉてしもたかなぁ・・・



_D7S5275.jpg
nice!(43)  コメント(24) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - カメねた ブログトップ
メッセージを送る