So-net無料ブログ作成
クルマねた ブログトップ
前の5件 | -

夏日の奈良・ぽか〜んの集い [クルマねた]

XT209168.jpg

22日、日曜日。「ぽ集」らしからぬ?晴天のもと、いつものように呼びかけで、
奈良県営 馬見丘陵公園・北駐車場にて、集いのお友達とお逢いすることができました。

XT209172.jpg

今回で32回目の呼びかけになりますが、2府5県いろんな場所で開催してきた「ぽか〜んの集い」、奈良県は初めてでした。
何時、何処でやるか分からない。まして寂れたブログでの呼びかけだけにも関わらず、集まって下さった仲間に感謝です♪
今回、都合がつかなかった方、誠に申し訳ない。次回こそは・・・

XT209176w.jpg

今回集合場所に選んだ駐車場、以前訪ねた時は広い駐車場に数台しか停まってなくガラガラ、去年3月にミーティングされた様子を見ても充分過ぎる余裕があったのですが・・・目論見が外れました。時期、時間帯が悪かったのか、満車状態。空きを探してバラバラになってしまい済みませんでした。(^_^ゞ

XT209169.jpg


XT209178.jpg

しかも分かり難い場所だったようで迷われた方も・・・実は私もナビの「目的周辺です」からこの北駐車場に辿り着くのに散々迷ってしまいましたw

XT209238w.jpg

ともあれ、お天気は最高♪初めての奈良開催を愉しむことができました。
最近調子がいいですね、「荒天のぽ集」返上です。その要因は・・・?

XT209201w.jpg

ロードスター、台数は少なくなりましたが今回もA,B,C,D揃って♪

XT209179.jpg

ロードスター卒業の独車組も健在!嬉しいことです。

XT209188.jpg

XT209200w.jpg

いろいろ都合があっただろうに、馳せ参じてくださった方々。ありがとうございました。久しぶりに逢えて嬉しかったです。

XT209231w.jpg


XT209224.jpg


XT209189.jpg


XT209227w.jpg


XT209234.jpg


XT209232.jpg


XT209217w.jpg


XT209221.jpg

発足当時より参加車両はロードスターにこだわらないコンセプトを貫いている、ちょっとカー・ミーティングにしては異色かも知れませんが、それがヨカッタのか元ロド乗りの乗り換え組さんの参加も多く、いつまでも繫がりが持てて、話題も尽きません。

XT209195.jpg


XT209202w.jpg


さて、お昼は駐車場前にあるカフェでランチミーティング。ただ、お店は満席状態。いつもの事ですが事前予約もできず、当日の席の確保もままならず・・・ごめんなさい。

XT209245w.jpg


毎回サプライズな参加が見られるのですが、今回は・・・チンクエチェントとコペンちゃん。チンクの小ささは感動的やね、今のクルマは無駄にデカ過ぎって思わせる。(^_^ゞ

XT209256w.jpg

XT209260w.jpg

XT209263w.jpg


いつものようにゆる〜いオフ会、愉しい時間をありがとうございました。
また呼びかけてみようと思いますので、ご都合がよければご参加ください。

次回は、できれば農閑期に・・・?(笑

XT209247.jpg
2018.4/22、奈良県馬見丘陵公園にてぽか〜んの集い。
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

オフ会のお知らせ [クルマねた]

_D7S5013.jpg

私のもう一つのブログ『カッパのロードスター』で展開しているオフ会のお知らせです。
初めてブログで呼びかけ、実施したのが2005年でしたから、もう13年続いています。
最近は年1回になってしまっていますが、今回で32回目を数えます。

今回は「ぽか〜んの集い in 奈良・馬見」
場所:奈良県営 馬見丘陵公園 北駐車場。日時:4月22日(日曜日)午前11時頃〜
告知詳細はこちらのブログでしています。興味のある方は訪ねてみてください。rsanime_na_passing.gif
参加費用は無料、交通費等は自己負担。
参加資格はロードスターなど、オープンカーをこよなく愛されてるオーナー。及び、それらに好意的である方。
参加車両は、自由♪ 自転車、徒歩でもOKってことに。
ルール、マナーが厳守できる紳士、淑女なら歓迎。自由にご参加下さい。rsicon_de_nb_open_k.gif
と、しておりますから至って自由参加。以前ソネブロでお知らせしたところお一人、参加してくださり驚き嬉しかったです。(^_^ゞ

ぜひまたそんなサプライズがあれば嬉しいので・・・どんなところで集まるのか紹介しますね。
今回は初めて奈良県での開催。馬見丘陵公園の駐車場に集まります。

馬見丘陵公園へは2014年夏に1度行ったきり、今回のための下見にも行ってない無責任ぶり(いつもですが(^_^ゞ)
_D7S4860.jpg
正面に見えているのがカフェです。駐車料金、入園料も無料の公園です。

カフェはこんな感じ。
_D7S4890.jpg

園内はと〜ってもひろび〜ろ♪
_D7S5138w.jpg
古墳やそれに関する資料館などもあります。
以前に訪ねた時のブログ記事です。『馬見の古墳』『奈良ならではの新しい公園』

いつものように楽しい一日を過ごしたいと思います。rsicon_de_nc_kappa.gif
nice!(38)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

たまにはクルマねた。 [クルマねた]

XT208253.jpg

クルマねたと言っても・・・とっくに賞味期限が切れた去年の12月に開催された
第10回 大阪モーターショー、ま、2年に1度なので3ヶ月遅れはご容赦。(^_^ゞ

XT208095.jpg
〈ミニ四駆・エアロアバンテ〉
いきなり目に付いたのが、ミニ?四駆の1/1。これって実車と呼ぶべきか?


XT208120w.jpg

XT208111.jpg
〈Honda Sports EV Concept〉〈Honda Urban EV Concept〉
電動化への流れは進んでいるようですね、すぐに発売されてもおかしくないかも。

XT208116w.jpg
〈2017年 第101回インディ500優勝車両 佐藤琢磨車〉
去年は自動車レース好きには歴史的なことが起きました。まさかあのインディ500で日本人レーサーが優勝するとは!これってオリンピックで金メダル5個をひとりで獲ったより凄いと思うのですが・・・何せ101回の歴史で初めて日本人の、いや白人以外でウィナーが誕生したのだから!
これほど誇らしいことなのにあまり話題にはなってないかも。我が国の基幹産業でもある自動車業界、売ることばかりで文化を育てなかったからか。それでも他のアジア諸国と比べるとモータースポーツへの関わりは断然強く、歴史も築いてきた。そんな日本にとっても感動的な快挙であることは間違いない。
そんな快挙を成し遂げた実車が見られたことは嬉しいです。

〈Neo Sports Café Concept〉
XT208104w.jpg
〈GOLDWING TOUR / GOLDWING〉
二輪車も進化してますね、でも四輪ほどではありません。AT化すらスクーター止まりで普及しません。ましてや自動運転なんてとても無理、それだけ人間の運動能力を必要とする乗り物なんですね。基本的には50年前と変わらないかも。

ちょっと嬉しかったのは、この最新機についているエンブレム。丸の中に翼、ホンダのウイングマークの扱いでは、懐かしくもあり好きなパターンです。
そもそもこの翼のマークは、創始者本田宗一郎氏の「世界に羽ばたく」希望と「何処へでも羽ばたいて行ける」という思いから生まれたもの。そのデザインモデルはルーブル美術館にある「サモトラケのニケ(勝利の女神)」像だといいます。
そういえば、あのシューズメーカーの「NIKE(ナイキ)」も勝利の女神ニケからきているのでしたね。


XT208134.jpg
〈ABARTH 124 spider〉

XT208133w.jpg

〈BMW i8クーペ〉
XT208128.jpg


XT208132w.jpg
〈BMW i3〉

XT208181.jpg
〈McLaren 720S〉

XT208168w.jpg
〈Maserati Ghibli GranSport〉     〈Alfa Romeo 4C Spider〉

普段なかなかお目にかかれないクルマや未来に向けてのコンセプトカーなど
一堂に見られるのはモーターショーならではですね。

XT208147.jpg
〈SUZUKI e-SURVIVOR〉

XT208196w.jpg

〈TOYOTA Concept-愛i〉
XT208198.jpg

未来予想図的なクルマは夢があってイイですね。でもなかなか実現しない、そこが歯がゆいです。子供の頃妄想していた21世紀の移動手段、乗り物って、もっと進んでいた気がする。(^_^ゞ

XT208238w.jpg
〈DN PROCARGO〉
こういうデザインスタディも随分以前から提案され続けてると思うのですが、電動車になれば実現が近づくかもしれませんね。もっとも画期的に小型高性能化されたバッテリーの発明が必要でしょうが・・・


XT208158.jpg
〈NISSAN IMx〉

XT208202w.jpg

〈TOYOTA GR HV SPORTS concept〉
XT208206.jpg

次世代というか近々登場しそうなコンセプトカー。デザインだけ言えば、あくまで私見ですが、このテのボディデザインは好きじゃない。小学生の工作のように感じる。クラフトマンシップというか大人の練りに練ったデザインって気がしない。
コンピュータグラフィックのように見える・・・今、よく売れているクルマは概ねそんなのが多いのでつまらない。私は亜流なのだろうけど。

〈SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT〉
XT208280w.jpg
        〈DN COMPAGNO〉
今回気になっていた1台、ダイハツが発表したクーペスタイルのコンパクトカー。
かつてのコンパーノ・ベルリーナのイメージを引き継いだ現代版として・・・やはりターゲットはシニア層のようだが、発売にまで至かどうか?
1963年に発売されたダイハツ・コンパーノは、イタリアのカロッツェリア・ヴィニャーレに委嘱したもので、美しいイタリアンデザインのクルマでした。
後にコンバーチブルも発売され、オープンカーって楽しそう、大人になったら・・・なんて考えたものです。(^_^ゞ
展示は当時のオリジナル版(ダイハツ社員が所有)と現代版が置かれていましたが、やはりオリジナルの方が味わいがありますね・・・
〈Daihatsu Compagno Berlina・1964年式〉
XT208246.jpg
2017.12/11、大阪モーターショーにて。
nice!(40)  コメント(12) 
共通テーマ:地域

二輪、年輪・年よ林道。 [クルマねた]

FUJI7414.jpg

二輪でツーリングなんて、何年ぶりだろうか・・・
苔フィールドへ行くのに(1京都さん改め)ワタやんさんに
お付き合い願うことに。

FUJI7430w.jpg

ほんのちょっぴりだがオフロードも走って、楽しかったな♪

FUJI7416.jpg

これはイーハトーブ改(1981年製)、私のXL125(1975年製)と共に
ワタやんのレストア作品です。
どちらも年輪を重ねたヴィンテージバイク。
ま、それ以上にライダーは年輪を重ねてますが・・・(^_^ゞ

FUJI7436w.jpg
2017.5/26。
苔に年輪は・・・無いか。


もう一人、最近オフロードバイクを買われてフィールドに
舞い戻られた方が・・・
探索済の林道に連れて行ってもらうことに。

FUJI7825.jpg

mone氏の愛車、バリバリの新車やん! カモシカ・セローちゃん。

FUJI7823.jpg

かくして、年金受給者3人組、年金トリオで久々の林道ツーリングに。

FUJI7828.jpg

無理せず楽なフラット林道、ちょっとしんどそうなところは
止めとこッ!ってなります。(^_^ゞ
・・・なんせ、3人合わせたら198歳、もうすぐ200歳やもんね。
当然、3人とも翌日から筋肉痛に悩まされましたヮ。(>_<)

4分弱ですが「お年よりんどう」20170615


オフロード・ランは、幾つになってもおもしろ楽しい♪
楽しッ、楽しいな!って叫びながら走ってましたよ。(^_^ゞ

三人三様のトラブルもあったけれど・・・
mone氏は溝に嵌まるし、ワタやんはサイドスタンドがブラブラに!
スプリングが飛んでしまったようで、探すも見つからず。
応急処置も上手くいかず結局、外して走ることに。

私はといえば、ブーツのソールが剥がれ落ちてしまい・・・w
mone氏邸を出発する時に右足の方が剥がれかけていたので瞬間接着剤を借りて
応急処置をしたのですが、反対の左足の方が走っている内に欠落。
右足の方もブラブラに・・・

ブーツ2w.jpg

帰りに落ちていないか探したけれど、これまた見つからず。
残念ながら、もう使い物になりません(悲)

で、早速新しいブーツを物色。どうせなら信頼できそうなメーカーで。



オフロードブーツと言えば、アルパインスター、フォックス、オニール・・・
ガエルネもね、ってことで目についたのがツーリングブーツの「G-ROUND」。

ショートブーツで軽い。
FUJI7957w.jpg
ビブラムソールなので、苔フィールドをうろうろするのにも使えそう。

BOAクロージャーシステムは、けっこう便利で快適。
FUJI7963w.jpg
内装はドライテックで蒸れ難く履き心地も良し。

これでまた、早く林道へ行きたくなりました・・・♪

FUJI7821.jpg
2017.6/15。年金トリオ、滋賀県の林道にて。
nice!(35)  コメント(15) 
共通テーマ:地域

減っているのにプラス? [クルマねた]

FUJI5801.jpg

我が家のガレージに、ホンダフリード+(プラス)のデモカーが
やって来ました。呼んだ訳じゃないけれど・・・(^_^ゞ

FUJI5814.jpg

ウチのフリードは、ほぼ初期モデル(2009年式)。
デモカーは去年の秋に2代目としてフルモデルチェンジされた新型ですが
パッケージングとかシルエットは、それほど変わってないかな?

FUJI5782.jpg

フリードシリーズには当初より、3列シート(6人乗り: 2列目キャプテン
シート、7人乗り: 2列目ベンチシート)と、2列シートの(5人乗り)が
あります。初代では2列シート仕様は「FLEX」と呼ばれていたかな、
しばらくして「フリードスパイク」という名前に変わりました。
その流れをくんで2代目では、フリード「+(プラス)」って名前に。
フリードからサードシートが無くなったのにプラスとは、これいかに?

FUJI5789w.jpg

ホンダでは他にN-BOXシリーズに「プラス」がありますが、荷室を利用して
車椅子仕様にしたり、レジャー仕様になるなど使い勝手が増えることから
プラスって名前にしたのかな、このフリードも同じように荷室の使い道が
増えるってことのようだけど・・・

FUJI5787.jpg

リアシート(フリードならセカンドシート)が、座面をはね上げてから
背もたれを倒す方式「ダブルフォールダウン方式」になっていて
ユーティリティボードを用いてシートアレンジをすることで
セミダブルサイズのマットレスを敷くことができるフルフラットスペース
になります。床下には収納スペースが残り、車中泊仕様になる。

FUJI5806w.jpg

実際、身長173センチの私なら足を伸ばして寝ても余裕がありました。
何とも便利ですね、宿代が浮きます。
ロードスターと比べると、夢のような使い勝手・・・

FUJI5826.jpg

インパネ、インテリアも旧型と比べると洗練されいるように思う。
あんなとこが開いたり、こんなとこに置けたりはホンダのお家芸?

FUJI5824w.jpg

このハイブリッド車のデモカーはフルスペック?エアロパーツも着いて、
結構なお値段してましたが・・・(^_^ゞ

FUJI5818.jpg
2017.4/11、ガレージにて。
nice!(46)  コメント(12) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - クルマねた ブログトップ
メッセージを送る