So-net無料ブログ作成
検索選択

もすもす苔よ、苔さんよ。 [こけテラ]

FUJI4888.jpg

「こけテラ1号」を作ってから数ヶ月が経ちますが、変わらないのは
カワウソをお伴にした河童ちゃん、何故かフンコロガシも。(^_^ゞ

FUJI4473w.jpg

フィールドの中でも苔はいろんな生き物と共存しているように見える。

FUJI4506.jpg

例えばアカハラ(イモリ)とか・・・

「テラリウム」とは陸上の生物(主に植物や小動物)を
ガラス容器などで飼育・栽培するもので、園芸のひとつのスタイル
として、アマチュアでも手軽に楽しめる。
水生生物の場合は「アクアリウム」、水陸両方だと「アクアテラリウム」
というのもあり、総称は「ビバリウム」=生体の生息環境を再現した
飼育施設ってことです。

動物の飼育は難しい(すでに沢ガニで失敗している)ので
私の場合、あくまで園芸チックに・・・
特に苔なら簡単♪と思っていたのだが、これが素人のあさはかさ。
結構難しくて、頭を悩ませてます。(^_^ゞ

コケって植物は強いようで、繊細。微妙な環境の変化で生態を
維持できない。それに種類も多くて名前すら確定できない。
これからブログを通じて整理できたらなとも考えています。


FUJI4511.jpg
↑ハイゴケ(這苔)
ハイゴケ科はコケ植物中最も大きな分類群で、60以上の属、
1000以上の種があるそうで、
私のような素人目では特定の名前は分からないw


FUJI4513.jpg

↑↓シノブゴケ(忍苔)。この科も何種類かある。

FUJI4870w.jpg

↑↓ホソバオキナゴケ。山苔とも呼ばれる。

FUJI4865.jpg

コケ観察にはルーペが必須、種の特定には顕微鏡も?
もちろんそこまでする気もなく、観賞するにとどめとこッ!(^_^ゞ

FUJI4860.jpg

↑↓ハイゴケ。強い苔なのでビギナー向きで苔玉やテラリウムに
適していると言われているが、なかなかいい状態を保てないでいる。

FUJI4889w.jpg

↑↓綺麗な苔だけど名前はよく解らない。似たものはムチゴケ、
ホウオウゴケ、サナダゴケなどあるのだが・・・

FUJI4879.jpg


初めて買った本だけど初心者にも面白く活用しています。




こけテラ、できるだけ自然のままの姿を・・・このコンセプトは
苔テラリウム2号、3号にも受け継ぐことにします。

FUJI4515.jpg
2016.12/21、こけテラ1号。
nice!(38)  コメント(12) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る