So-net無料ブログ作成
検索選択

文化財に住んでみる? [レトロ建築]

FUJI3504.jpg

一般公開のあった栗原邸(旧鶴巻邸)は2014年に国の登録有形文化財に
なっています。
現在の所有者は栗原氏なんですが「この住宅の継承者を募集しています。
ご興味のある方は最寄りの住宅遺産トラスト関西スタッフまで。」って
貼り紙があちこちに。

日本におけるモダニズム建築の先駆者、本野精吾氏の設計、鎮ブロック
による中村式鉄筋コンクリート建築・・・我が国の建築史にとっても
貴重な建造物であり、保存・修復が進められている最中に、
継承者募集とは・・・ちょっと悲しい?
「これほどわかりやすく価値が確認できる建築を継承していけない
なんて現代人として悔しい。」と、住宅遺産トラスト関西の理事も。
なんとかこの建物を後世に残したいものです。

FUJI3630.jpg


さて、この住宅の特徴的で最も魅力的な部屋は、玄関ポーチの上に
造られた部屋。帽子のような庇を持つ半円形に突き出たユニークな
形態が特徴です。

FUJI3502.jpg

外観も内から見てもインパクトのある空間、お部屋ですね。

FUJI3577w.jpg

ここに置かれているものに限らず、建物内には本野氏がデザインした
家具・調度品、照明器具などが残されています。

FUJI3500.jpg

時代を感じさせるものもありますが、概ねシンプルなデザインで
近代的なもので、やはり昭和初期にしては画期的じゃないかな。

FUJI3614w.jpg

照明器具も全ては撮れなかった、いや撮ったのですが失敗で・・・
他にもユニークなものがあったのですが。ザンネン!(^_^ゞ

FUJI3495w.jpg

ドアノブは建築当初のものかな? でも何だか懐かしい。
特にクリスタル調のノブ、トイレに使われていましたが、
ありましたよね、これッ♪


FUJI3612.jpg

食堂に置かれたテーブル、これも本野氏のデザインだそうで。
可動式になっており、中央部の長方形の部分を折りたたむことで
大きさを4段階変えられ、最小の場合は丸テーブルになる。
というもので、フルに広げれば8人掛け、たたんでいくと6人掛け、
4人掛けになり、最小は2人掛けになる便利もの♪
現代でこそ似たような機能の食卓はありますが、やはり先駆けだった
のでしょうね、椅子も同時にデザインされたもので座面の布など
当時のままなのだそうです。

FUJI3443.jpg


家主は京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)の校長だった
鶴巻鶴一氏から広告業・萬年社社長であった栗原伸氏に。途中戦後に
進駐軍の接収で、米軍中尉の家族が10年ほど住んだ後、栗原家に
戻された変遷があり、どの時期のものかわかりませんが
生活感が垣間みれる私物も多々残されていました。

留守中にお宅拝見みたいで、いろいろ妄想してしましますね。

FUJI3519w.jpg


FUJI3513.jpg

このベッドも本野氏のデザインとみられ、他の部屋に置かれている
木製のベッドとは大きさもデザインも異なる真鍮製のもので、
施主であった鶴巻氏が使用していたものと思われます。


_DSC1272w.jpg


FUJI3603.jpg

階段脇にある大きな金庫。いつ頃まで使われていたのか、
まだ開くのかな? 
そうそう、昔はよくこんな織物を被せたりしていましたね。(^_^ゞ

3階だったかな、蔵のような厳重な2重扉になった倉庫が
ありました。座敷牢のような、仕置き部屋のような・・・
変な妄想し過ぎかな?(^_^ゞ

FUJI3595w.jpg

バスルームは今はすっかり現代のものに変わっていて、機能も最新。
施工当時は写真のようなものだったようですが、当時としては
最新だったのでしょうね、蛇口が2つあるってことはセントラル給湯
だったのかも。昭和初期は自宅に風呂がついているのも珍しい、
あっても五右衛門風呂だったりしますからね。
トイレも現状は水洗ウォシュレット便器がついていたと思います。


FUJI3536.jpg


FUJI3562w.jpg

階段は建物中央奥にあり、3階まで吹き抜け。手摺もシンプルながら
装飾的な意匠が施されています。そろばんみたいだけど・・・

建物自体はコンクリートブロック構造ですが、この吹き抜け階段と
玄関ポーチ部分はさすがに強度が持たないのか、柱と梁で支える
ラーメン構造の鉄筋コンクリート造が採用されています。

FUJI3569.jpg


この建物の魅力のひとつに広いバルコニーが設けられていること。
2階部分は東側に。3階はルーフバルコニーになっています。

FUJI3491w.jpg

2階のバルコニー、個人宅でこれほど広いバルコニーはなかなか
見られませんね。洗濯物いっぱい干せます?(^_^ゞ

FUJI3539.jpg


3階から見た2階のバルコニー。

FUJI3548.jpg


3階は物置、さっきの蔵のような部屋ね。があるだけで、あとは
屋上バルコニー。走り回れる広さです。手摺が低いので子供だと
危ないですが・・・

FUJI3553w.jpg


FUJI3555.jpg


FUJI3547w.jpg


FUJI3543.jpg


眺めも悪くないです。もともと高台に建っていますからね。

_DSC1238.jpg

JR東海道線がよく見えます。夜景も綺麗でしょうね♪

FUJI3556w.jpg

北側には琵琶湖疎水が見えます。この辺りの疎水道は桜並木。
春はお花見、秋は紅葉狩りのスポットとして楽しめる遊歩道です。

FUJI3560.jpg


さて、話しを始めに戻して、この建物の継承者募集・・・

それに国・登録有形文化財の位置づけ、メリット・デメリットは?
まず文化財って何?って話しになりますね。
そもそも文化財には有形文化財、無形文化財、民俗文化財、記念物、
文化的景観、伝統的建造物群の6種類があります。
●有形文化財:建造物・美術工芸品などで、特に重要とされるものを
重要文化財、その中でも貴重な価値があると判断されたものが国宝。
●無形文化財:芸能・工芸技術など、これも重要無形文化財があり、
その保持者を通称 人間国宝と呼びます。
●民俗文化財:風俗慣習・民俗芸能など。無形、有形があります。
●記念物:史跡・名勝・天然記念物など。
●伝統的建造物群:宿場町、城下町などがありますね、これはまず
市町村が伝統的建造物群保存地区を定め、その中から特に価値が高い
ものを文部科学大臣が重要伝統的建造物群保存地区として選定します。
●文化的景観:棚田や里山、日本の原風景などが該当します。
2004年の文化財保護法改正により創設された文化財のジャンルです。

国が定めたもの以外で、地方公共団体(都道府県、区市町村)の多くが
条例を制定し、重要な文化財について教育委員会が指定等を行い保護を
図っています。これもよく見ますね。

ところでこの建物は「国・登録有形文化財」というものです。
普通、有形文化財は国の厳しい審査・基準により指定されるもので、
「指定有形文化財」。しかし指定制度では身近な近世末期や近代以降の
多種多様な建造物が、その建築史的・文化的意義や価値を十分認識され
ないまま破壊される事例が相次いだことを受けて1996年の文化財保護法
改正により、従来の文化財「指定」制度に加えて、文化財「登録」制度
が創設されました。

登録有形文化財は、原則50年を経過した歴史的建造物であることと、
以下の3点のうち、いずれか1点を満たしていることが条件です。
(1)国土の歴史景観に寄与しているもの
(2)造形の規範になっているもの
(3)再現することが容易でないもの
・・・この邸宅も条件を充分クリアしてますね。

建物を活かしながら残していこうという考え方で創られた制度ですから
内装の変更や設備の更新などの規制は、指定文化財に比べると緩やか。
ですから、修復してまちづくりに活かしたり、観光資源として利用する
例も多くなっています。
ただし、指定文化財のように補助金や固定資産税の非課税などの
優遇措置はありません。地価の高い地域でのみ相続税の免除が
受けられるとかあるようですが、「ほとんどメリットはない」らしい。
おっと!最初の写真で門に付けられているパネル。あれがもらえます。
プレートには『この建造物は貴重な国民的財産です 文化庁』と
記されており、名誉にはなるでしょうが・・・
最近では文化庁系ではなく国交省系がフォローして補助金など用意、
メリットが増えつつある傾向がみられます。


さて、最後にちょっと不動産屋的な話しを・・・
栗原邸の敷地面積は約600坪、建築面積は64坪、延床面積は124坪で
3階建て。建物の背後にある林もすべてこの住宅の敷地で、
ちょっとした公園くらいの広さがある。

kuriharatei.jpg

玄関を入ったホールの正面に階段があり、部屋は左右に配されている。
1階・右手には客間、食堂があり、その右には施主鶴巻氏のアトリエ。
左手に居間、キッチンと女中部屋、階段脇には小さな電話室も。
2階には左右に寝室が2室ずつあり、各室は10畳程度。外から見て
半円になった部分にはサンルームがある。右(東側)にバルコニー。
3階は倉庫とルーフバルコニーに。
各室には暖炉が用意されているほか、スチーム暖房用のラジエーターも
配されて(接収当時の設備)おり、1階にはそのためのボイラー室も。
部屋によってはベッド、収納家具、椅子などが置かれている。

気になる金額は・・・交渉の余地が多々あるという前提で大台を目安に
していただけると。詳しくはお問合せください。とのことです。
私にはとても無理な話ですが、世の中広い。現に私が見学している
間に、どうやら説明を受けてらっしゃるご婦人が居られました。
一見してファッションからも一般の方とは違ったので、この豪邸に
ふさわしいかも・・・(^_^ゞ
もし、成立すればもう一般公開は今回が最後?それは残念ですが。

追記『設計者・本野精吾(もとのせいご)氏のプロフィール』


FUJI3613.jpg
2016.5/28、栗原邸(旧鶴巻邸)にて。
nice!(59)  コメント(23) 
共通テーマ:地域

nice! 59

コメント 23

たいちさん

しっかり観察されましたね。お陰で、このブログ記事を読んだだけで、訪れた気分になりましたね。
by たいちさん (2016-07-09 17:13) 

Hide

こんばんは〜間取り図を見て満足しました!庭が広いですね〜
二人ですので2階は必要ないかな、階段も厳しいかな?
まあ今回、このブログは見なかったという事で><ゴメン
by Hide (2016-07-09 18:48) 

kinkin

聞いた話ですが文化財に指定されると、釘1本打つだけでも許可が要るとか
要らないとか、ホントだったら面倒ですね^^;
by kinkin (2016-07-09 20:14) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

住んでみたいけど、掃除が大変ですね。
お手伝いさんもイッパイ必要かも。
その前に、お金が無い・・・。(;。;)

by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2016-07-09 21:22) 

路渡カッパ

★たいちさん、ありがとうございます。
まだ建物自体も修復中で全ては見られませんでしたが、
それがかえって面白い体験だったかも知れません。
毎年、一般公開があれば修復具合がよく分かるのですが。('-^v)

★Hideさん、ありがとうございます。
庭、間取りからすると豪邸といってもいいでしょうね。
こんな家に暮らすのはドリーム・・・あ、サマージャンボでも買いに行こ〜♪

★kinkinさん、ありがとうございます。
>釘1本打つだけでも・・・
それは指定有形文化財の場合ですね。登録有形文化財の場合は
もっと自由度があるようです。その代わり補助金などは出ない・・・
メリットはあまり無いですが、自慢はできるかもね。(⌒-⌒)ニコニコ

★横 濱男さん、ありがとうございます。
登録有形文化財の特典で補修資金を低金利で融資してくれるところを
紹介してもらえるそうです。
でも、借金をしなければいけないようではね・・・(^_^ゞ

by 路渡カッパ (2016-07-09 23:29) 

ちょいのり

優遇措置ほとんど無いのですか・・・
しかも自分が住んでるのにちょっとしたことも変えられないなんて制約がありすぎ・・・^^;
住みたいけれど、この手の家人達は手放して町や市や県に管理を任せることが多いんでしょうね。
もうちょっとうまーく法整備できないのかな?

個人家だとして勝手に見学料も取れないのかしら?

by ちょいのり (2016-07-10 02:21) 

siawasekun

はじめまして!!

素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
珍しいいろいろなショット、・・・・・・・。
見せていただき、 siawase気分です。
ありがとうございました。
by siawasekun (2016-07-10 03:30) 

京男

おはようございます。
こういう所は、維持管理が大変でしょうね。

by 京男 (2016-07-10 09:11) 

路渡カッパ

★ちょいのりさん、ありがとうございます。
登録有形文化財の場合は改装など制約は緩やか、その代わり
補助金などが期待できません。指定有形文化財がガチガチだったため
生まれた制度ですが、受ける人は少ないようですね。
もう少し優遇措置を増やさないと、貴重な建築物が消える一方です。

★siawasekunさん、はじめまして。
ありがとうございます。最近はあまり遠くへも行けず、
近場ばかりのレポになってしまってますが。(^_^ゞヨロシク

★京男さん、こんにちは。
まだ補修が半分も進んでない感じかな、今は学生がボランティアで
やっているようですが、今後の費用を背負ってくれる継承者が現れないと、ヤバいかも知れませんね。

by 路渡カッパ (2016-07-10 12:20) 

ヒロシ

貴重な見学ができて良かったですね
少々うらやましく思います(^_-)-☆
by ヒロシ (2016-07-10 15:57) 

風の友

シックで丈夫そうだし、すんでみたい建物出すが・・・・・・・
個人では、無理ですね。
by 風の友 (2016-07-11 00:38) 

orange

暑さ益々。暑中お見舞い申し上げます^^
う〜ん。これは..当家の金庫番に相談してみます!!
..って、彼も主人になった妄想しかできないのですが..(笑)
維持費。ですね。ある程度の改修が許されるなら小いさなペンションなどという方法もあるかもしれませんが。

先日、左京区役所に用事があり..ジュノンの存在を確認。
京都ギリシャローマ美術館へ行くも、打ち合わせ中とかで見られませんでした。
by orange (2016-07-11 11:06) 

馬爺

立派な建物もこうしてみると無用の長物となってゆくようですね、
by 馬爺 (2016-07-11 11:47) 

路渡カッパ

★ヒロシさん、ありがとうございます。
修復中というのが面白かったです。
貴重な体験ができたと思います♪

★風の友さん、ありがとうございます。
部屋数が多いのでシェアハウスというのも考えられますね。
レストランやカフェも・・・改装が許されればね。(^_^ゞ

★orangeさん、ありがとうございます。
暑いですね、すでにへばり気味・・・f(^_^)
ペンションというのもアリかも知れませんね。
土地も広いのでもう1棟建てることもできる?
京都ギリシャローマ美術館、面白そうですね♪

★馬爺さん、ありがとうございます。
そう、消えてしまうのは残念です。そのため登録有形文化財にしたのでしょうが・・・
後継者が現れることを願ってます。

by 路渡カッパ (2016-07-11 13:59) 

風来鶏

会員を募って共同購入し、京都を訪れた時は優先的に宿泊出来るようにするわけにはいかないのかな(^^;;
by 風来鶏 (2016-07-11 21:56) 

路渡カッパ

★風来鶏さん、ありがとうございます。
色んな方法が考えられますね、一坪オーナーなんかも手かも。
知恵を出し合って保存が出来ればイイですね♪
by 路渡カッパ (2016-07-12 00:09) 

ロートレー

概観だけでなく、内部も非常にユニークですね
デザインのセンスも洗練されていて、当時の先端を目指したのでしょうね
by ロートレー (2016-07-14 21:09) 

路渡カッパ

★ロートレーさん、ありがとうございます。
そう、ユニークでしたね。
時代を超越している感じでした。(^_-)v
by 路渡カッパ (2016-07-14 23:44) 

駅員3

おー、以前ご一緒した時に外から拝見させていただいたお宅ですね。
なるほど、これは一見の価値ありますね。
by 駅員3 (2016-07-15 10:55) 

ANIKI

素敵な建物ですね。
住んでみたい気もあるけど持て余しそうです。。
でも綺麗^^
by ANIKI (2016-07-16 18:51) 

路渡カッパ

★駅員3さん、ありがとうございます。
中に入れたら良かったのですがね、今年は見学会を逃しませんでした♪
これほど貴重な建物だとは知りませんでしたヮ・・・f(^_^)

★ANIKIさん、ありがとうございます。
かなり補修が進んで、何とか住めそうな感じでしたが、
やはり個人では持て余しますよね。(^_^ゞ

by 路渡カッパ (2016-07-16 23:33) 

siawasekun

素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

珍しいいろいろなショット、・・・・・・・。
見せていただき、 siawase気分です。

眺めて、ほっとし心安らぎました。
ありがとうございました。
by siawasekun (2016-07-17 05:26) 

路渡カッパ

★siawasekunさん、ありがとうございます。
今年は4日間、一般公開が行なわれました。
やっと見逃さずに訪ねることができましたよ♪
by 路渡カッパ (2016-07-17 10:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る