So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

我庭花録「五月・皐月」 [in My お庭]

FUJI7229.jpg

庭で咲き出した花を月別に記録して随分なるが、3、4月は
賑やかだから毎年のように残っているけれど、5月の庭で
咲き出す花はぐっと減ってしまうのであまり記録が残っていない。

FUJI7163w.jpg

芍薬(しゃくやく)〈牡丹科〉以前は何本かあったようだが
今は1本だけ。牡丹と違い、冬には枯れて姿を消す。春になると
芽を出して、5月の初旬に花を咲かせる。
しゃく“薬”の名の通り、漢方薬でも極めて重要な植物。
学名のPaeonia(牡丹属)も、ギリシャ神話の医の神「Paeon」の
名に由来する。

FUJI7126.jpg

お椀型に咲くので虫が入り易いのかな、いろんな虫が来ます。
ハナムグリくんは花粉まみれ、花粉症だったら辛いだろうな。(^_^ゞ

虫ついでに、無視できない虫を・・・
カメムシくん、サクランボの木に!コイツは困ったことに
実を食べるのね・・・

FUJI7134w.jpg

アゲハの赤ちゃん、レモンの木に。このコは葉っぱだけ、
実は食べません。だから多少のことならOK、見守るのですが
成長した姿をほとんど見ません。鳥に食べられてしまう?

FUJI7045.jpg

もしかするとカナヘビさんに?

気分を変えて、カーネーション〈ナデシコ科〉
FUJI7660w.jpg
       ゼラニウム(天竺葵)〈フロウソウ科〉
どちらも鉢植えですが、いつも枯らしてしまうので
殖してみたいと思うのですが・・・

FUJI7227.jpg

バラも放ったらかし、見るのは好きですが育てるのは苦手。
害虫や病気にすぐ冒されます。栽培は難しいですね。

       姫檜扇(ひめひおうぎ)〈アヤメ科〉
FUJI7449w.jpg

上の写真、左の花はジュウヤクの花。姫檜扇は色違いで
3種類くらいが庭のあちこち足元で秘めやかに咲いてます。


FUJI7218.jpg

雪の下〈ユキノシタ科〉。これも薬草として知られていますね。
いろんな効用があるようです。
山菜として葉っぱを天ぷらにして食べたりもします。私もたまに。
花は5弁だが、下の2枚だけやたらと長い変わった形をしてます。
漢名は「虎耳草」。まだらで毛のある丸い葉っぱが虎の耳に見えるから?

FUJI7215w.jpg
       紫カタバミ〈カタバミ科〉
カタバミは「酢漿草」って字を宛てる。難読漢字ですね。


FUJI6396w.jpg

母のコレクション?サボテンの花が咲いていたりします。

       紫露草〈ツユクサ科〉梅雨入りしましたね。
FUJI7146w.jpg
小手毬〈バラ科〉の花殻。
花殻は花が枯れた後の姿だけれど、風情があるものもありますね。
これも星がチカチカしてるみたいで、可愛い♪
「はながら」って読むのが正しいが「花柄」と間違えそうだし
「かかく」って読むと「価格」みたいだし・・・
「はなから」って呼んだらどうだろう?どうでもいいことだけど。


我が家の白猫サラくん、日課の庭のパトロール、雨の日は出てこない。

FUJI7282.jpg
2017.5月、我庭にて。
nice!(55)  コメント(20) 
共通テーマ:地域

コケこっこう〜、苔学校? [こけテラ]

FUJI5195.jpg

ひと月以上前になりますが、苔ブログをいろいろ訪ねてみてたら、
とあるブログで、面白そうなイベントが紹介されていたもので・・・
同じく苔に興味をお持ちのすーさんをお誘いして、行ってみることに。

FUJI6651.jpg

『コケのお話会&ミニ観察会-もっと知りたい コケの魅力』と題した
講演会?兵庫県宝塚市の陽春園植物場という園芸店で行なわれました。

FUJI6639w.jpg

講師はブログの管理者で、このたび「特徴がよくわかるコケ図鑑」を
出版された藤井久子さん。ま、出版記念即売会も兼ねてかな・・・
苔の魅力や苔に魅了された経緯などのお話、コケ友の活動状況なども
聞けました。初心者対象ってことでちょうどヨカッタかな。(^_^ゞ

FUJI6646w.jpg

FUJI6648w.jpg

苔の特徴や観察の仕方など、実験を交えてやさしく解説。
これは乾燥して死んだふりをしている苔に霧吹きで水を与えると
あら不思議、瞬時で目を覚まして甦りますって実験。(^_^ゞ

FUJI6658w.jpg

宝塚市って歌劇と植木の町っていわれるほど昔から植木に関わる店が
多いようです。この陽春園も結構大きな園芸店で植木から草花まで
豊富な品揃え、ガーデニンググッズも沢山あります。
で、・・・見つけてしまった、河童ちゃん!即、お持ち帰り決定です。


FUJI6220.jpg

春からコケコラボな鉢にチャレンジしていますが・・・

FUJI6225w.jpg

なかなか良い状態をキープできずにいます。(-。-;)

FUJI5196.jpg

苔は種類が多いので、様々な特性を観察。

FUJI5637w.jpg

まだまだ経験を積む必要があるようです。

FUJI6234.jpg

遊んでないで・・・(^_^ゞ

FUJI5293w.jpg

あれこれ、こけこっこ・・・

ちょっと ひと休み。

FUJI6245.jpg

講師だった藤井久子さんが出版された本。会場ではサイン入りで
即売も。私はすでに買ってましたが・・・(^_^ゞ

nice!(51)  コメント(13) 
共通テーマ:地域

清水寺開創の地?牛尾観音 法厳寺

FUJI5599.jpg

京都の東端には音羽山があり、山を越えれば近江の国って位置。
その支峰に牛尾山という山があって、ハイキングコースになっている。
子供の頃は、ここでキャンプや飯盒炊爨をしたものです。
なのに、このお寺の存在は知らなかった・・・(^_^ゞ

FUJI5606w.jpg

鎌研ぎ橋登山口から音羽川に沿って登るハイキングコース。
今は舗装されクルマでも登れるが・・・蛙岩、十字刻印石、大師堂、
お経岩、聴呪ノ滝、仙人窟、橘青龍の滝、夫婦ノ滝、しずく谷不動尊、
音羽の滝、大蛇塚、牛尾白糸の滝、牛尾苔の雫滝を経て、
牛尾山桜の馬場に到着。四輪はここまでで、駐車スペースにもなっている。
昔はここがキャンプ場だったはず。今もクルマで来る人は少ないかな、
ほとんどがハイカーです。

私は苔を観にバイクで来たので、七廻りと呼ばれる九十九折れの山坂道を
登って行きました。
ここには「苔の雫滝」とか「苔滑洸(こけこっこう)の滝」なんて名前の
場所があるから、苔探索にはちょうどいい?

FUJI5530w.jpg

途中フェンスがあったので、牛尾観音の境内までは行けず、
ここでバイクを降りて、あとは徒歩で登ります。
ちょうど「天狗の足跡」・・・なんのこっちゃ分からんけど。(^_^ゞ


FUJI5539.jpg

牛尾山 法厳寺(うしおさん ほうごんじ)通称:牛尾観音。778年創建。
音羽山 清水寺が建てられてからは「清水寺奥の院」となる。
清水寺の開祖・延鎮は夢告に従い、伝承の僧・行叡の沓(くつ)を拾った
とされた。この地の音羽山により、清水寺の山号を音羽山としたとも。

山科といえば赤穂浪士、大石内蔵助が毎夜、人目を避けて訪れ、
祈願したんだとか。幕末には尊王攘夷派の志士達の談合の場に・・・
そうとう山奥の隠れ寺だったということでしょうね。
現在は本山修験宗の単立寺院。

       〈手水舎〉
FUJI5538w.jpg
〈記念碑〉何の記念かしらんけど。
手水舎の横には西国三十三所霊場と四国八十八所霊場のお砂踏み場が
ありました。便利過ぎる?(^_^ゞ


FUJI5543.jpg


FUJI5542w.jpg

崖のような斜面に「天狗杉」と呼ばれる杉の巨木があり、その前に
大杉堂が建てられている。ここには火を司る男神・大杉坊大権現と
水を司る女神・八頭龍王尊を音羽山の山の神として祀られています。

FUJI5603.jpg



FUJI5590.jpg
〈本堂〉1689(元禄2)年に再建。
本尊は天智天皇自刻とされる十一面千手観世音菩薩、脇侍に
不動明王、毘沙門天を安置する。

FUJI5584w.jpg

香炉の紋は行者輪法、本山修験宗だからかな?
鰐口の奥には方位盤が天井に貼られている、何か意味があるのかな。

FUJI5593w.jpg


FUJI5594.jpg

ここには「六大具足 修験道場」の案内が・・・
一.地=地主大神、二.水=五智瀧、三.火=護摩堂、四.風=天龍王神、
五.空=釣鐘堂、六.識=大弁財天。となっているが、修験道のことは
よくわからない。(^_^ゞ

FUJI5551w.jpg
〈釣鐘堂〉空の道場
…梵鐘は大日如来の心を表しており、その音は法身の説法と言われます。
多くの迷いや煩悩を鐘の音と共に消滅させて下さい…
梵鐘には「京清水寺奥院」の文字が刻まれています。

釣鐘堂の奥の堂宇が〈護摩堂〉火の道場
…日常生活で作り出した業や煩悩を護摩木に托して、佛の智恵の火で、
全てを焼き尽くして清浄にする道場です…
FUJI5560w.jpg
〈天龍王神〉風の道場
…火が風を呼び、風に乗って天龍王神に降臨頂く道場です。
地・水・火・風の四大が崩れますと死に至り、清浄になれば神佛の
世界に至れます…

FUJI5555w.jpg
〈大弁財天〉識の道場

FUJI5562.jpg
〈五智瀧〉沐浴道場へ続く踏み石

FUJI5568w.jpg
〈五智瀧〉水の道場
…十八界を清浄にする為、十八尺の高さから 五佛の三摩地に位した
五智如来の加護を頂いて下さい…
ここで滝行ができるようです。水は出てませんでしたが、申し込めば
出してくれるのかな?

〈地龍王神〉地の道場
FUJI5581w.jpg
〈霊水 金生水〉
…当山の開祖、延鎮上人が金色に輝く一筋の水の流れの源を尋ねて
来山され、行叡居士の導きで、法厳寺が建立されました…

FUJI5579w.jpg

シニア世代のハイカーグループを何組か見たが、修験行者は見ず。
寺務所にも人影はなく、お寺の方とも出合わなかった。
ハイカー以外、見向きもしない寺なのかな?

興味深いのはここの寺伝と、あの世界遺産である清水寺の縁起が共通?
清水寺縁起では、778(宝亀9)年、延鎮が霊夢をうけ音羽山麓にある清泉に
辿り着き、そこで行叡居士と出逢い、その遺命でこの観音霊地の山を
守った・・・というのが清水寺開創のくだり。
この法厳寺創建の寺伝と一致している。どういうことなのか
そもそも清水寺は音羽山麓ではない、東山三十六峰のひとつ清水山の
山麓になると思われる。清水寺の近くの地名に東音羽町というのが
あるが、この「東」と付くのがキモ?
一方、法厳寺はまさに音羽山麓にあり、ふもとは音羽という地名、地域。
清泉・金生水が流れ出る音羽川には本物の(?)音羽の滝がある。
あの有名な清水寺の音羽の滝とは全くの別物、自然の姿のままで。

どうも清水寺縁起に書かれている開創の地は、ここであると考えるのが
自然だと思われる。
ならばここも、もう少し知られていてもいいのかな。

ちなみに清水寺創建は、音羽山に鹿狩りに来た坂上田村麻呂が延鎮と
出逢い、延鎮より殺生の罪を説かれ、観音に帰依して観音像を祀るために
自邸を本堂として寄進したとある。780(宝亀11)年。
その後、征夷大将軍となった坂上田村麻呂は東国の蝦夷平定を成し、
無事に都へ帰ることができて798(延暦17)年、本堂を大規模に改築。
したがって坂上田村麻呂の自邸があった場所が今の清水寺で、
草創伝承の地はこの法厳寺ってことですかね。そこのところが
うやむやにされている気がする。
なお、清水寺では行叡を元祖、延鎮を開山、田村麻呂を本願と
位置づけているようです。現在の奥の院は舞台のある本堂のすぐ近く
音羽の滝の奥にあります。

FUJI5572.jpg
2017.4/6、牛尾観音 法厳寺にて。
nice!(49)  コメント(15) 
共通テーマ:地域
前の3件 | -
メッセージを送る